【eシフト声明】 エネルギー政策見直しプロセスに対する提言

【eシフト声明】エネルギー政策見直しプロセスに対する提言
エネルギー・環境会議への意見

2012年6月13日
eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会

>PDFはこちら 120613_eシフト声明_プロセス

福島第一原発事故を受け、日本は「脱原発依存」を柱に従来のエネルギー政策を見直す転換点に立っています。現在、気候変動政策、エネルギー政策、原子力政策について、それぞれ中央環境審議会・地球環境部会、総合資源エネルギー調査会・基本問題委員会、原子力委員会・新大綱策定会議で議論され、最終的に閣僚会議であるエネルギー・環境会議で統括するとされています。しかしその議論は、福島原発事故を二度と繰り返さないという大前提に基づいたものとは言えず、エネルギー問題について真剣に考える市民の声を反映させるプロセスも十分ではありません。各議論の場には市民団体からの委員も数名参加していますが、議論が事務局主導で運営されているという課題からも、市民社会の声が十分反映されているとは言えません。

「国民的議論」および今後のプロセスについて、eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会は、下記提言します。

 (1)場の設定の企画段階から市民の参加を

「国民的議論」に向け、各地でのタウンミーティングを設定する際には、その企画段階から市民を参画させることが求められます。早急に各地の市民や市民団体への呼びかけを検討・開始されることが必要です。

(2)自主的な企画の呼びかけと、その結果の反映方法の確保を

既に各地で、市民がエネルギーエネルギー政策について考える会合を開催しています。「国民的議論」においては、政府が設定する会合に加えて、これらの自主的な会合での意見集約も、重視して活かしていくことが望まれます。自主的な会合の設定について、開催・報告方法のガイドラインを提示し、そこで出された意見を反映するプロセスを確保することが求められます。

(3)国民投票、アンケート等広く国民の声を聞くことのできるしくみを

 タウンミーティングや自主的会合に加え、そうした場に参加できない人も含めて広く国民の声を聞くために、国民投票のような方法やアンケート等の手法も、合わせて導入することが必要です。

(4)国会内での自主的な議論の反映を

現在のプロセスでは、国民を代表する国会議員の意見が聴取・反映される場はありません。また既に国会内において、「国会エネルギー調査会準備会」が発足し、有志議員による議論が始められています。このような国会内での意見についても、参考として考慮するべきです。

(5)自治体に対する意見聴取も

「脱原発依存」を進めていくために、今後のステークホルダーとして重要な自治体等の声も、考慮される必要があります。自治体の長に対しても、アンケート等で意見を聞き、反映させるプロセスを検討する必要があります。

(6)福島原発事故被害の実態を把握するヒアリング等の場の設定を

今回のエネルギー政策見直しは、福島第一原発事故という大惨事を契機としたものであるはずです。しかし、原発維持や従来の政策の延長についても選択肢の原案とされるなど、事故の被害の実情に向き合ったうえでの議論がなされているとは言いがたい状況です。今後、エネルギー政策の見直しの場面においても、原点として福島原発事故の被害の実態を考えるためのヒアリングなどの場を設置することが必要です。

(7)「国民的議論」の十分な時間設定を

 夏までの1~2か月程度では、国民的議論の時間は十分とは言えません。今後も、国民の意見を聞き反映する機会や場の設置などについて継続して検討・実施するべきです。

 以上

eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)www.e-shift.org

 問い合わせ先:eシフト事務局(国際環境NGO FoE Japan内)
〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-22-203
Tel: 03-6907-7217 Fax: 03-6907-7219

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【eシフト声明】 エネルギー政策見直しプロセスに対する提言
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. はじめましてこんにちは。原子力発電の再稼動について皆様に私なりの考えを聞いていただき、反対の方もきっと多いと思いますが、反対でもかまいませんのでご意見を聞かせてください。私のコメントの表現に少々、きついところがあるのは、ご容赦ください。
    もしだれかを傷つけてしまったとしたら本意ではありません。そういう性格かもしれません。
    以前他で書いた内容ですが、多くの日本人は今「恐怖心のコントロール」が出来ておりません。普段、仕事や日常生活のなかできちんと物事を判断できている方々でも、恐怖心にとりつかれて、判断のバランスを崩し、結果偏った決断を強行する傾向があります。
    本来、女性はリスクのコントロールが、男性より上手な場合が多いです。例えば、株取引、FXなどにおいても、根拠不明の自信から出発してよく失敗する男性が多いのですが、女性の場合、目に見える数字のみを追求する姿勢、感度の良さから優秀なトレーダーになる女性が多くいます。しかしながら、どうでしょうか、あくまでもその方がお金持ちで、少々の損ならあくまで後から取り返せるという安心感で取引する場合、巨額の資金とはいえあくまで組織の資金であり、個人として責任はなく、あくまで会社員として自身の能力を発揮する場合。いずれも、判断力のバランスがよく、能力と情報力、資金と少々の運があれば成功しやすいと思います。
    しかしこれが、1、2回の取引で、自身の生命や財産の全て、なにより愛する家族の安全が左右されるとしたらどうでしょうか?
    正直、1歩も身動きが取れず、まったく判断できなくなると思います。
    そして、原発を全て廃止せよとの強硬意見に傾く。
    こういう方に説明しようとしてもうまくいかないことが多いのですが、客観的なデータだけではだめだと思っています。また賛成と反対でなかなか、意見を交換できる箇所が見つからないものでして。不愉快な思いをさせたら申し訳ありません。
    私としては、ひとまず再稼働し、経済的に無理にない範囲内で少しずつ自然エネルギーを推進するべきと思っています。私もこの件で大した知識も持ち合わせていませんが、ツイッターなどを利用しての拡散は極端になりやすく、政治的に新しい価値があるものですが、ただ量が多ければ正確というものでもありません。
    もしこれが、反朝鮮、反中国問題だったとしたらどうでしょうか?自分たちがなにもやっているのか考えて賢明なご判断をなさってください。
    相対的に考えてください。自然エネルギーのみ、原発のみという議論では経済は成り立ちません。
    経済よりも命がどうのでは、世の中を納得させ、現実に反映させることはできません。
    まずは落ち着き、少しずつでも推進できるように、ご自身の意見が現実に反映できるように、がんばってみてください。安全な生活を追求したいのは私も皆様と同様です。
    もうすぐ再稼働しますが、今回の反省を活かし、より良い未来が開けることを願っています。
    お互いに意見は違いますが、がんばりましょう。http://www.facebook.com/kurokawabs

  1. トラックバックはまだありません。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。