タグ : エネルギー情報

【プレスリリース】賦課金0.5円/kWh、再エネ4%の伸びで頭打ち

2011年7月27日

賦課金0.5円/kWh、再エネ4%の伸びで頭打ち

eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)

昨日26日、阿部知子議員ら再生エネ法早期成立署名議員による勉強会が開催され、固定価格買取制度に関する省庁ヒアリング及び記者会見が行われた。
7月14日衆議院本会議で海江田経産大臣は、電力多消費産業への配慮からか、「消費電力に対する賦課金の上限を、キロワットアワー当たり0.5円を超えないよう制度を運用」するとの方針を打ち出されている。これでは再生可能エネルギーによる電力の割合は4%しか伸びず、法案の主旨に反する、問題である、としての緊急開催である。 続きを読む

【要請】再生可能エネルギー促進法、賦課金上限枠撤回を!

2011年7月25日

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法
賦課金の上限枠の設定は制度の根幹を崩す
再生可能エネルギー普及に向けた制度の実現を!

気候ネットワーク 代表 浅岡美恵    
環境エネルギー政策研究所 所長 飯田哲也
eシフト(脱原発・新しいエネルギーを実現させる会)

今月14日に国会審議入りした「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(再生可能エネルギー推進法案)」は、再生可能エネルギーを地域主導で大幅な導入を進め、東北地方復興にも寄与し、持続可能な新しい社会の実現に向けた第一歩を踏み出すための可能性を持った法案であると考えています。 続きを読む

【アクション】再生可能エネルギー促進法の早期成立に向けて、過半数議員の賛同を!

福島第一原子力発電所の事故を経験した私たちは、原子力発電・化石燃料依存から省エネルギー・再生可能エネルギーへと、エネルギー政策の舵を大きく切ることができるかという課題に直面しています。

再生可能エネルギーを大きく普及促進させるために必要とされているのが、再生可能エネルギーを全量、固定価格で買い取る制度です。ドイツやスペインをはじめ、すでに世界75以上の国と地域で導入され、自然エネルギーの爆発的な普及や、自然エネルギー産業の発展につながっています。

日本においては現在、太陽光発電、風力発電、小規模水力発電、地熱発電、バイオマス発電などを全量、固定価格で買い取ることを盛り込んだ再生可能エネルギー促進法案(正式名称:電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案)がちょうど3月11日に閣議決定されました。 続きを読む

【エネルギー政策ウォッチVol.1】 新しい日本のエネルギー政策決定に市民の声を!

◆密室で始まった「エネルギー・環境会議」 6/22初会合

 6月22日、内閣府の国家戦略室における新成長戦略実現会議の下に設置された、環境閣僚会議「エネルギー・環境会議」が開かれたと報道で伝えられました。この場で、これからの日本、そして国民にとって、非常に重要な関心事であるエネルギー環境戦略を話し合うそうです。 続きを読む

【エネルギー】民意を反映したエネルギー政策決定を要望

6月17日(金)、eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)は、玄葉光一郎国家戦略大臣ほか「エネルギー・環境会議」メンバー、およびすべての国会議員に対して、民意を反映したエネルギー政策決定を求める要望書を提出しました。
続きを読む

【エネルギー情報】「エネシフ・ナウ!」通そう今国会で「再生可能エネルギー促進法」!

菅総理登場!孫社長も飯田哲也さんも来ます!自然エネルギーへのシフトの一歩です! 「エネシフ・ナウ!」通そう今国会で「再生可能エネルギー促進法」!

孫正義氏講演 / 菅直人総理大臣メッセージの動画公開!
続きを読む

【アクション】好評につき、30分でできる『脱原発ロビーマニュアル』第二弾!

前回の『脱原発ロビーマニュアル』が思いのほか好評だったので、第二弾いきます!

今回は、未だに収束をしていない『福島第一原子力発電所の事故による被害者の皆さんへの賠償スキーム』に関する意見書と、『老朽化原発・危険性が高い原発を計画的に停止』するためのアクション・ペーパーをダウンロード出来るようにしました。どんどん、ダウンロードしてご家族や友人に配ってあげてください。国民の多くの声を是非とも直接、国に届けましょう!この日本を創るのは、私たち国民、「主権者」です! 続きを読む

【エネルギー情報】勝手に密室で決めるのはやめてください! ~ エネルギー政策の中身はこれまでの延長!?~(プレスリリース:2011/6/10)

勝手に密室で決めるのはやめてください!

~ エネルギー政策の中身はこれまでの延長!?〜

福島第一原子力発電所の事故によって、わたしたちは、さまざまな形で、耐えがたい苦しみと被害を受けることになりました。これからの原子力発電を含む日本のエネルギーのあり方がどうなっていくのかは、日本国民全員の暮らしやいのちに関わる、たいへん重要な課題です。 続きを読む

【活動報告】Ustreamで見る‘6・4シンポジウム’ 『これからの「未来」の話をしよう!自然エネルギー主流のエネルギー政策は可能だ!』

eシフトな皆様へ

6.4シンポジウムは、急な設定と呼びかけにも関わらず、650人超の方々の参加によって熱のこもった会になりました。新しい市民社会への第一歩が始まったことを実感した一日でした。会場に直接来れなかった多くの方々もUstreamで中継を見ていてくださったようで、皆さんの関心の高さがうかがえました。久しぶりの天気の良い土曜日にも関わらず、会場まで足を運んで下さった皆さん、ネット中継で参加して下さった皆さん、どうもありがとうございました!!! 続きを読む

【シンポジウム】リマインダー!‘脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム’

満員につき、申し込みを締め切らせていただきました。みなさん、事前申し込み登録にご協力、ありがとうございました!
なお、当日の模様は下記から中継されますので、ご来場出来ない方はこちらでご覧下さい!
http://www.ustream.tv/channel/e-shift

‘脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム’
『これからの「未来」の話をしよう!自然エネルギー主流のエネルギー政策は可能だ!』

あんなにたくさんの人がタイヘンだったのに、どうしてゲンパツをとめられなかったの?」

もしも、“未来”を生きる子供たちにこんな言葉で問われたら、“今”を生きる私たちは、どうやって弁明するのだろう?そもそも、「弁明すること」を考えること自体、本当にいま、私たちがやるべきことなのだろうか?“未来を生きる人たち”のために、“今を生きる私たち”がやるべきことは?「ゲンパツ当たり前」から「自然エネルギー当り前」へ。自然エネルギー主流としたエネルギー政策を実現するためのファーストステップ!「6・4シンポジウム」から始まります! 続きを読む