アーカイブ : 2016年 2月

石炭推進=原発推進!?

【環境大臣も石炭火力発電所計画を容認!?】

2月8日、環境省は、CO2排出量が多いということで、新設に慎重だった石炭火力発電所について、事実上容認の立場に転換しました。
(報道)http://www3.nhk.or.jp/ne…/html/20160208/k10010402711000.html
(環境大臣会見)http://www.env.go.jp/annai/kaiken/h28/0209.html

環境省はこれまで、千葉県や山口県での大規模石炭火力発電の計画に対して、温室効果ガスの大量排出が「国の目標をも超える懸念から「是認しがたい」としていました。

今回の事実上の容認は、電力業界が「電気事業低炭素社会協議会」を設立して、2030年にむけた「自主目標」の達成に向けた枠組みつくったため、それをチェックしていくということが理由でした。
http://www.fepc.or.jp/about_us/pr/sonota/1254048_1511.html
しかし、石炭火力発電所をこれから新設するということは、
増えるCO2をどこかで相殺する必要があるということです。

その方法とは、「非化石電源」を活用して44%に高めていくこと。「非化石」とは、再エネと原発のこととされています。
しかし大規模な石炭火力新設計画(47基)分を埋め合わせるには、再エネの計画は足りません。
すなわち、原発の維持推進が裏に見え隠れしています。
もしくは、海外クレジットの購入。こちらも、日本での削減にはならず、海外での環境・社会影響が深刻です。

続きを読む

東京ガスさん「石炭火力発電の建設はやめて!」アクション

——————————————————————

電力自由化で東京ガスに切り替える。でも、その前に・・・・

「石炭火力発電の建設はやめて!」アクション

http://e-shift.org/?p=3309 原発+石炭火力 から 省エネ+再エネへ

——————————————————————

 

目前にせまった電力小売前面自由化。

東京電力から、ひとまず東京ガスに・・という方も多いかと思います。

 

ただ、ちょっとまって・・

東京ガスは、千葉袖ヶ浦に200万kW=原発約2基分!の石炭火力発電所(*1)

を建設計画中です。

続きを読む