カテゴリー : 再稼働させない

新潟県知事 米山隆一氏講演会「エネルギー基本計画:原子力政策と地域の未来を問う」

20180124_米山知事講演会チラシ日時: 2018年1月24日(水)17時半~19時半

場所: 憲政記念館 講堂 (最寄:国会議事堂前、永田町)

書き起こしはこちら!
http://e-shift.org/?p=3510


新潟県の米山隆一知事は、2016年、福島第一原発事故について「徹底的な検証をする」と掲げて当選しました。2017年9月には「福島第一原発の事故原因」、「原発事故が健康と生活に及ぼす影響」、「万一の事故時の避難方法」を検証する3つの委員会がスタートしています。 続きを読む

大阪ガスアクション!「原発の電気も使わんとってー石炭火力発電の建設はアカン!」

電力小売全面自由化で、ひとまず大阪ガスに、という方も多いかと思います。
でもちょっと待って!
大阪ガスは、山口と愛知での131万kW!の石炭火力発電所計画にかかわっています。

石炭なら、原発よりまし?
ところが、石炭拡大は、逆に原発再稼働を後押ししてしまう恐れもあるのです。

だから、この「石炭火力発電の建設はアカン!」大阪ガスアクション。
東京ガスアクションとならんで、関西の方はぜひこちらにご参加ください!

▼大阪ガスアクション (クリックでPDFファイルが開きます)

▼東京ガスアクションはこちら!
http://e-shift.org/?p=3322

7/16 共同記者会見:川内原発再稼動問題~規制委員会審査書案発表へのコメント~

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
7/16 共同記者会見: 川内原発再稼動問題 ~規制委員会審査書案発表へのコメント~
資料掲載
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
原子力規制委員会は、16日、鹿児島県の川内原発について、事実上の合格証にあたる、審査書案を提示します。 これに対し、複数のネットワーク等の合同による記者会見を開催いたします。同日午前に開催される原子力規制委員会を受けた専門家によるコメントとともに、声明発表や、鹿児島・薩摩川内等現地の状況報告などを予定しています。

【日時】 2014年7月16日(水) 14時~15時
【場所】 衆議院第一議員会館 第3会議室

【主催】 原子力市民委員会、脱原発をめざす首長会議、eシフト、
原子力規制を監視する市民の会、さようなら原発1000万人アクション 続きを読む

7/31 地球温暖化のために原発再稼働!? ~原子力ムラのウソをあばく

———————————————————————-
7/31 地球温暖化のために原発再稼働!? ~原子力ムラのウソをあばく

http://e-shift.org/?p=3050

日時: 2014年7月31日(木)18:30~21:00
場所: ウィメンズプラザ・視聴覚室(東京・表参道)
———————————————————————-}

※資料をアップしました!
山崎 久隆氏  >140731_Yamasaki
明日香 寿川氏  >140731_Asuka 140731_Asuka2
平田 仁子氏  >140731_Hirata

>ちらし(カラー) 140731_flyer_4c
>ちらし(モノクロ)  140731_flyer_bw

原発維持が書き込まれたエネルギー基本計画。原発が動かなくても電力供給には支障がないことが明らかになった今、日本政府や経団連は、温暖化対策を原発再稼働の理由として戦略的に利用しようとしています。

しかし、そもそも日本政府や経団連は、福島原発事故が起きる前でも、本気で温暖化対策に取り組んでは来ませんでした。そればかりか、現在、原発事故を良い理由に、石炭火力発電所の新設や公的支援による輸出も行おうとしています。完全に世界の流れには逆行していて、温暖化対策を語る資格が全くないのが日本政府や経団連です。

温暖化政策の基本は、省エネと再生可能エネルギーへのシフトを進めること。それにブレーキをかける日本政府や経団連が「温暖化対策のために原発再稼動」を叫ぶ許しがたい現状、それでもだまされる多くの国民・・・。本シンポジウムでは、これらの誤解や矛盾を明らかにします。
【日時】 2014年7月31日(木)18:30~21:00
【場所】 ウィメンズプラザ・視聴覚室(東京・表参道)

http://www.pbls.or.jp/event/map_tokyo-womens-plaza.html

【プログラム(予定)】
1.再稼働に利用される「地球温暖化」
山崎久隆氏(たんぽぽ舎副代表)

2.原発は温暖化対策の答えではない
明日香壽川氏(東北大学教授)
・IPCC評価報告書における原子力発電の位置づけ
・原発推進ロジックの問題点:プロパガンダ映画『パンドラの約束』を見て
・温暖化懐疑論と脱原発との残念な関係

3.温暖化を防ぐためにこそ、原発はやめるべき
平田仁子氏(気候ネットワーク)
・「原発停止が気候変動目標を難しくする」は本当か?
・「原発停止により、石炭火力発電の新設が必要」は本当か?

4.メディアの立場から
石井徹氏(朝日新聞編集委員)

【資料代】500円
※申込受付なし、直接会場へお越しください。

【主催・問合せ】eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
Tel: 03-6907-7217(FoE Japan内)、info@e-shift.org

【アクション】STOP!!再稼働:地元選出の議員に呼びかけて!

関西電力大飯原発(福井県おおい町)で敷地内を走る軟弱な断層(破砕帯)が動いて地表がずれる可能性を、複数の専門家が指摘し、警鐘を鳴らしています。

◆【大飯原発、地表ずれる可能性】 「早急に現地調査を」 専門家指摘 (共同通信)
http://www.47news.jp/47topics/e/230072.php 続きを読む

【緊急署名】 大飯原発3・4号の再稼働を断念するよう求めます

悲惨な福島原発事故を直視してください
事故の責任もとれないのに「私の責任で」と言わないでください
安全性はすべて置き去りなのですか

是非、署名をお願いします。<6月10日(日)正午まで!>

https://fs222.formasp.jp/k282/form2/
または
https://pro.form-mailer.jp/fms/cf9bde6b30192

続きを読む

【アクション】大飯原発3・4号機の再稼働強行にNO!

今、ひとつでも多くの声を、福井県や政府、国会議員へ! 【6月12日情報更新】

【イベント】<ポスト5・5>脱原発討論会

<ポスト5・5>脱原発討論会◆再稼働をどう止めるか
 

とき:6月2日(土) 18:00開場 18:30開会
ところ:文京区男女平等センター(本郷4-8-2、TEL:03-3814-6159)

【情報】NHK BS1:ドキュメンタリーWAVE “脱原発”に揺れる町~ドイツ・世界最大の原発跡地~

ドイツの脱原発の現実を描く番組がNHKBS1で放送されます。
NHK BS1:ドキュメンタリーWAVE
『“脱原発”に揺れる町~ドイツ・世界最大の原発跡地~』

放送日:   5月5日(土) 放送時間:   22:00~22:49

再放送
放送日:   5月13日(日) 放送時間:   20:00~20:49

続きを読む

【呼びかけを】大飯原発の拙速な再稼働に反対する国会議員声明

【6月14日現在、66名が賛同!】

複数の市民団体および超党派の国会議員で、下記のような国会議員声明への賛同をよびかけようとしています。
みなさん、地元選出の国会議員に対して、この声明の呼びかけ/賛同に加わるようにプッシュしてください! 続きを読む