アーカイブ : 2013年 4月

【5/23】 原発ゼロノミクス~東電解体と賠償問題

————————————————————-
【5/23】 原発ゼロノミクス・シンポジウムVol.3
東電解体と賠償問題
————————————————————-
>チラシ 130523_flyer

>当日の映像はこちら(U-PLAN) http://www.youtube.com/watch?v=__L96iMCpPI
>資料 堀江氏  horie
除本氏  yokemoto

脱原発を経済再生のチャンスとし、原発の不経済を明らかにする「原発ゼロノ
ミクス」。今回は東電問題に焦点を当てます。
福島原発事故による避難者はいまだに15万人以上、賠償の支払いは遅れ、避難区
域の再編によって賠償打ち切りが始まっています。東京電力「延命」の理由とし
くみを整理するとともに、賠償支払いの実態について、現場の状況を含めて報告
します。

続きを読む

【声明】 原子力・エネルギー政策「国民的議論」無視はゆるされない

「原発ゼロ」方針を見直すとして再スタートしているエネルギー政策の見直し議論。
本日eシフトより、「国民的議論」無視は許されない、市民参加の確保を、との趣旨の
声明を発表しました。

総合部会ウェブページはこちらです。意見募集もあります。
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/sougoubukai/index.htm

—————————————————————————–
【声明】原子力・エネルギー政策「国民的議論」無視はゆるされない
2013年4月9日
eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会
—————————————————————————–
>PDF 130409_eshift

eシフトは、原子力・エネルギー政策見直しにおいて、市民の意見を聞く場を様々な手法
により設け、反映すべきであると考える。2012年夏の「国民的議論」については、不十分
な点はありながら、2ヶ月近い期間で、複数の手法がとられたことは、画期的であり、こ
れを無視することは許されない。改めてプロセスを踏む場合には、市民参加の機会を再度
十分に設けなければならない。2013年3月に議論を開始した総合資源エネルギー調査会・
総合部会の議論に対し、下記提言する。

続きを読む

【4/16】 原発ゼロノミクス〜脱原発のコストと経済性〜

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*
4/16  原発ゼロノミクスキャンペーン・シンポジウム

原発ゼロノミクス〜脱原発のコストと経済性〜

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*
>チラシはこちら 130416_flyer
>大島堅一さん資料はこちら 130416_oshima
>録画はこちら(公開期間後はIWJ会員のみ)http://iwj.co.jp/wj/open/archives/74354

脱原発こそ経済成長のチャンスとする「原発ゼロノミクス」。
具体的実現方法をディスカッションします。 ”株価を上げインフレにすれば 生活はよく
なる”というアベノミクスより、日本の足かせとなっている原発依存を脱し、市場の価値
転換にそった新しい経済や、省エネ、自然エネルギーなどの、地域に根ざした多様な産業
を振興により、より抜本的な日本経済の活性化、健全化を目指しましょう! 続きを読む