アーカイブ : 2011年 11月

【緊急アクション】原子力協定採決の見通し高まる>衆院外務委員に呼びかけを!

衆議院外務委員会で、原子力協定(ヨルダン、ベトナム、ロシア、韓国)につき、水曜日に趣旨説明、金曜日に質疑が行われ、そのまま採決される見通しが高くなりました。まだ参議院もありますが、参議院のほうは、さらに難しい情勢です。

原子力協定が結ばれていない国には、原発輸出ができません。また、協定は国会承認が必要で、事実上、国会が唯一原発輸出に歯止めをかけられるのが原子力協定を承認しないことです。

下記は、衆院外務委員の理事および与党議員リストです。
ぜひ、皆様のほうでも、電話、FAXなどで採決しないように呼びかけてください。

◆ご参考:
1.共同声明:政府は原発輸出に関する説明責任を果たすべき
2.11月21日開催の院内セミナー「原発輸出を推進すべきではない、
これだけの理由」の発表資料(パワーポイント資料PDF版)より
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-c1ba.html

続きを読む

【締め切り迫る!】緊急国際署名:日本政府は原発輸出ではなく、世界の脱原発をリードしてください

※先日、日越首脳会合前に行ったベトナムの原発輸出反対署名とは別の署名で、日本の原発輸出政策全般を問うものです。
■署名フォームは下記から。
http://goo.gl/YkCe0
■要請
私たちは日本政府に以下を要請します。
1. 原発輸出推進政策を即刻止めること
2. 現在ある原発輸出計画を白紙にすること
3. 世界の脱原発の実現のためのリーダーシップを発揮すること
■呼びかけ団体
eシフト
国際環境NGO FoE Japan
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
インドネシア民主化支援ネットワーク
高木仁三郎市民科学基金
メコン・ウォッチ
原子力資料情報室
グリーン・アクション
■署名の趣旨は下記をご覧ください。
http://www.foejapan.org/energy/news/110831.html
↓↓下記の院内セミナー+政府交渉で提出します。
こちらにもぜひご参加ください↓↓
——————————————————
【緊急院内セミナー+政府交渉】徹底討論:原発輸出
11月21日(月)14:00~17:00@衆議院第二議員会館
http://www.foejapan.org/energy/news/evt_111121.html
———————————————————-

【要請提出】玄海原発4号:地元住民を無視した運転再開の強行に抗議

玄海原発4号機の運転再開について、11月2日に提出した要請書に、
提出団体:160団体
賛同署名:15,457筆
のご賛同が集まり、改めて提出いたしました(2011年11月4日9:00締切)。
ご署名・ご協力ありがとうございました。

PDFはこちら

続きを読む