【声明】 原子力・エネルギー政策「国民的議論」無視はゆるされない

「原発ゼロ」方針を見直すとして再スタートしているエネルギー政策の見直し議論。
本日eシフトより、「国民的議論」無視は許されない、市民参加の確保を、との趣旨の
声明を発表しました。

総合部会ウェブページはこちらです。意見募集もあります。
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/sougoubukai/index.htm

—————————————————————————–
【声明】原子力・エネルギー政策「国民的議論」無視はゆるされない
2013年4月9日
eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会
—————————————————————————–
>PDF 130409_eshift

eシフトは、原子力・エネルギー政策見直しにおいて、市民の意見を聞く場を様々な手法
により設け、反映すべきであると考える。2012年夏の「国民的議論」については、不十分
な点はありながら、2ヶ月近い期間で、複数の手法がとられたことは、画期的であり、こ
れを無視することは許されない。改めてプロセスを踏む場合には、市民参加の機会を再度
十分に設けなければならない。2013年3月に議論を開始した総合資源エネルギー調査会・
総合部会の議論に対し、下記提言する。

1.総合部会の議論は、「革新的エネルギー・環境戦略」の議論を踏まえるべき

2013年3月15日に開催された総合部会第1回会合では、「革新的エネルギー・環境戦略」
への言及がなかった。しかし、2011年よりエネルギー基本計画の見直し作業を開始し、基
本問題委員会での議論と「国民的議論」を経て、革新的エネルギー・環境戦略が策定され
た。震災・原発事故以降、日本のエネルギー政策について積み重ねてきた議論を無駄にす
るべきではない。特に、eシフトの視点からは不充分ながらも、長い議論の結果として「
原発に依存しない社会」の実現へ向けての方針が出されたという事実は無視してはならな
い。資料を提示して再度取り上げるべきであり、この戦略について、9月19日に「踏まえ
て検討する」との閣議決定がなされたことについても、留意しなければならない。

2.2012年夏の「国民的議論」とその結果について取り上げること

政権の方針が変わったとしても、上記戦略の策定に至る過程の中で行われた議論や、2ヶ
月の時間をかけ、様々な手法で大々的に実施された「国民的議論」の結果は重要な意味を
持つことに変わりはない。8万9000件以上のパブリックコメントが寄せられるなど、広範
な市民が積極的に参加したことは画期的な事実である。総合部会の中で、国民的議論検証
会合の委員からのヒアリングなどを設けて改めて説明し、議論の前提とすべきであ
る。

3.今後の市民参加・国民的議論について具体的に検討すること

総合部会ウェブサイトでは意見募集が開始されているが、今後それだけでなく、各地での
意見聴取会や原発事故被災者からのヒアリング、市民団体からのヒアリング、討論型世論
調査などを実施すべきである。その際には、福島第一原発事故の現状や被害状況について
も提示すべきである。また収集された意見は、すべて公開し、意見への具体的対応につい
て提示すべきである。
 なお、2012年12月25日に原子力委員会から出された「国民の信頼醸成に向けた取組につ
いて(見解)」の中でも、今後のエネルギー政策や原子力政策に関する行政決定に関して
、説明責任、正確な情報開示、透明性・公開性と決定過程への国民参加、わかりやすい説
明の四つの基本的要件を目指すべきとし、国民が意見を述べる機会を設けることに努める
べき、としている(*)。
*原子力委員会、2012年12月25日。
 http://www.aec.go.jp/jicst/NC/about/kettei/121225_1.pdf

4.総合部会委員構成は不適切、見直すべき

エネルギー基本計画の改定に向けて設置された基本問題委員会が廃止され、かつて原発推
進政策を決定づけてきた「総合部会」での議論となっている。メンバーからは、「基本問
題委員会」で「原発ゼロ」の立場であった8人のうち6人が外され、メンバー構成は原発維
持・推進に大きく偏っている。しかも、委員長は新日鉄住金相談役の三村明夫氏で、基本
問題委員会の委員長として不適任であった人物である。このような審議会構成は、幅広い
意見を聞くことを最初から放棄したものであり、公正な議論が保証されているとは考えら
れない。批判的委員の追加、もしくは少なくともヒアリングを行うべきである。

——————————————–
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) http://e-shift.org
〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-22-203(国際環境NGO FoE Japan気付)
Tel: 03-6907-7217  Fax: 03-6907-7219

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【声明】 原子力・エネルギー政策「国民的議論」無視はゆるされない
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. 2012年12月25日に原子力委員会から出された「国民の信頼醸成に向けた取組につ
    いて(見解)」の中でも、今後のエネルギー政策や原子力政策に関する行政決定に関して
    、説明責任、正確な情報開示、透明性・公開性と決定過程への国民参加、わかりやすい説
    明の四つの基本的要件を目指すべきとし、国民が意見を述べる機会を設けることに努める
    べき、としている(*)。

  1. 2013年 4月 11日
    トラックバック先 :Global Ethics
コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。