東京ガスさん「石炭火力発電の建設はやめて!」アクション

——————————————————————

電力自由化で東京ガスに切り替える。でも、その前に・・・・

「石炭火力発電の建設はやめて!」アクション

http://e-shift.org/?p=3309 原発+石炭火力 から 省エネ+再エネへ

——————————————————————

 

目前にせまった電力小売前面自由化。

東京電力から、ひとまず東京ガスに・・という方も多いかと思います。

 

ただ、ちょっとまって・・

東京ガスは、千葉袖ヶ浦に200万kW=原発約2基分!の石炭火力発電所(*1)

を建設計画中です。

石炭火力なら、原発よりもまし?

それが、そうでもないのです。

 

(1)最新鋭の石炭火力でも、大気汚染物質(NOxやSOx)の排出があり、

大気汚染、健康影響が懸念される。

 

(2)すでに電気は足りている

袖ヶ浦の石炭火力発電所の稼働予定は2025年!

10年後に、そんなに電気が必要なの?

 

(3)石炭推進は、原発推進!?

石炭火力は、CO2の排出係数が高い(約0.8で、天然ガス0.37の2倍以上)電

源です。

一方で、電力業界全体として、2030年に温室効果ガス排出係数を0.37kg/kWh

に抑えていく目標(*2)も出しているなかで、石炭の新規建設は逆行します。

そこで、海外クレジットの購入や「非化石電源=原発+再エネ」の導入で、

相殺する必要がでてきます(*3)。

とはいえ、200万kW分の風車を建てるとすれば、1000基(2000kW)と現実的では

ありません。

いずれ、原発の電気を使う方向に流れていくことが予想されます。

石炭推進は、原発推進につながる恐れを持っています。

 

国全体で見ても、2030年のエネルギーミックスでは石炭の割合を26%として

いますが、現在計画中の47基(*4)がすべて建設されれば、26%をも上回

ってしまいます。

COP21・パリ協定で、気候変動被害を食い止める必要性を合意したのに、

逆行しています。

 

ただ、袖ヶ浦の石炭火力発電所は、まだ初期段階で、環境アセスメント配慮書が

出された段階です。また2015年8月には、環境大臣から「国の目標に鑑みて

是認できない」との意見書が出されています。⇒2月8日に事実上「容認」へ

 

そこで・・・==>>原発と石炭火力の推進をとめるためにも、東京ガスさんに伝えよう!

「天然ガスなら原発不要です。

東京ガスは天然ガス火力で当面は発電を!

そして将来は省エネ・コジェネレーション・再エネへのシフトを!」

 

【アクション1】

・東京ガスの担当者に、「ちゃんと電源構成を教えて」「袖ヶ浦などでの

石炭火力発電所をやめて」と伝えてみる。

 

【アクション2】

・東京ガスの社長にはがきを送る。

「石炭火力発電所の建設をやめて、省エネ・コジェネと再エネを!」止めると

発表したら、みんなで東京ガスに乗り換えよう!

〒105-8527 港区海岸1-5-20 東京ガス株式会社

代表取締役社長 広瀬 道明様

 

【アクション3】

・東京ガス以外のところとの契約を考えている人は、契約先の企業の情報を集

めてみて、その会社が石炭を進めているようだったら上記と同じアクションをしよう。

 

そして、(少し時間はかかるけれど)やっぱり再生可能エネルギーを重視する

電力会社を選ぼう!

パワーシフト・キャンペーン http://power-shift.org

 

———————————————–

*1 名称: 千葉袖ケ浦火力発電所(仮称)

運営会社: 千葉袖ケ浦エナジー(出資:九州電力、出光興産、東京ガス)

設備容量: 200万kW(100万kWを2基)

運転開始予定: 2025年

環境アセス: 2015年6月 環境アセスメント配慮書公開

→2015年8月28日 環境大臣意見書「是認できない」

燃焼/発電技術   超々臨界(USC) 排出係数:0.810kg/kWh

CO2排出量      約1,200万t-CO2 / 年

 

*2 電気事業連合会「電気事業における低炭素社会実行計画」の策定について

2015年7月17日

http://www.fepc.or.jp/about_us/pr/sonota/__icsFiles/afieldfile/2015/07/17/20

*3  2016年春に策定予定の「エネルギー革新戦略」の中にも書きこまれている。

総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会(第19回会合)2015年12月21日

http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/019

*4  気候ネットワーク石炭発電所新設ウォッチ

http://sekitan.jp/plant-map/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 東京ガスさん「石炭火力発電の建設はやめて!」アクション
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. DPF不具合情報 受付

  2. DPF(黒煙除去フィルタ)等の正しい使用方法について

    • ミディ
    • 2017年 2月 7日 9:29am

    電力が足りてる。もっと実態調べましたか。
    今日本の発電所は老朽化した施設が大半を占める。
    また、これらが止まれば原発動かない限り日本は電力不足に陥るなは火を見るより明きか。
    マスコミのウソ報道に騙されて気付いたら明日の電力不足にも困る事態になる。
    もし、足りているというなら電力設備や電力供給能力などまた老朽化も含め提示すべきですね。

    • ミディ
    • 2017年 1月 23日 10:28pm

    石炭火力発電に賛成なんですよ。よく地球温暖化というが今起きている温暖化は太陽回転周期300年毎に起きている現象。
    周期的には寒冷化に向かう前に大雪や北極海の氷山の現象などの現象がみられるしね。
    今東京ガスが建設されている先進型超々臨界圧石炭火力発電はco2の排出量は一昔前の石油火力発電とほぼ同じ。
    しかも、NOxやSOxはフィルター装置でゼロとなっている。
    古い石炭火力や石油火力から最新型の石炭火力やCC発電に転換するのも一策だよ。
    わざわざ反対なんて何の根拠でやるの
    根拠がわからない。温暖化は周期によるものと歴史的資料から立証されている。

  1. 2016年 2月 16日
コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。