【エネルギー情報】勝手に密室で決めるのはやめてください! ~ エネルギー政策の中身はこれまでの延長!?~(プレスリリース:2011/6/10)

勝手に密室で決めるのはやめてください!

~ エネルギー政策の中身はこれまでの延長!?〜

福島第一原子力発電所の事故によって、わたしたちは、さまざまな形で、耐えがたい苦しみと被害を受けることになりました。これからの原子力発電を含む日本のエネルギーのあり方がどうなっていくのかは、日本国民全員の暮らしやいのちに関わる、たいへん重要な課題です。

政府は、「革新的エネルギー・環境戦略」を検討することを決定し、官邸の新成長戦略実現会議の下に「エネルギー・環境会議」を立ち上げました(※)。年央(7月頃)には中間的な整理を行い、重要論点ごとの基本原則(ミッション)と優先課題を設定し、年末にはそれを具現化、来年には決定、というタイミングが示され、閣僚がメンバーとなる会議において、密室の中ですすめられ、決定されていこうとしています。その背後で、経済産業省が、政局の混乱で政治が機能しきれない時期につけこんで、7月半ばには、これまでの路線のままで合意形成を急ごうとしている思惑もみられます。

これからの日本、そして国民一人ひとりにとってきわめて大切な議論が、このような密室の議論で、事故を経験した国民の民意の反映もなく進められようとすることは、民主性を欠く、たいへん大きな問題です。エネルギー政策のあり方は、国民の参加を得て、公開の場でしっかりと議論した上で決定するべきではないでしょうか?

eシフトは、下記の原則に基づき、検討・意思決定の場のあり方を改めるよう、強く要請します。

(1)透明性の確保
どのような経緯、理由づけで政策を見直し、検討し、新たに策定しているのかを国民が知ることが出来るよう、インターネット中継なども利用し、議論はすべてオープンとすること。

(2)情報公開
さまざまな関心や専門知識を有する国民による検証が可能となるよう、会合で用いられた資料、及び、検討過程で参考にしたデータや資料も全て公開すること。

(3)国民参加の民主的なプロセス
国民にとって重大な関心ごとであるエネルギー政策は、社会を構成するメンバーが公平に参加し、しっかりと深い議論を行うことができる、民主的な意思決定プロセスで決定すること。

以上を踏まえ、社会を構成するさまざまな主体が公平に参加することの出来る議論の場を持ち、民意を反映した政策決定を行うことを求めます。

(※)「政策推進指針」2011年5月11日閣議決定により、新成長戦略実践会議の下に「エネルギー・環境会議」を立ち上げ、「エネルギー・環境戦略」の検討を行うことを決めた。検討体制は、次の通り。
【会議の構成員】議長:国家戦略大臣、副議長:経済産業大臣・環境大臣、構成員:文部科学大臣・農林水産大臣・国土交通大臣・内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)、議長の指名する内閣官房副長官、事務局長:内閣府副大臣(国家戦略担当)、
【幹事会】座長:内閣府副大臣(国家戦略担当)、副座長:経済産業副大臣・環境副大臣、構成員:座長の指名する内閣官房副長官、文部科学副大臣、農林水産副大臣、国土交通副大臣、内閣府副大臣(経済財政政策担当)、加えて、必要に応じて環境省、有識者が出席
 

プレスリリースPDF版ダウンロードはこちら

お問い合わせ:『eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会』
FoE Japan(eシフト事務局代行)  tel: 03-6907-7217(平日のみ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【エネルギー情報】勝手に密室で決めるのはやめてください! ~ エネルギー政策の中身はこれまでの延長!?~(プレスリリース:2011/6/10)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. thank you good article…

  2. I study your post . it was incredible.Your believed approach is great.The way you inform about issues is great. They are inspiring and valuable.Thanks for sharing your info and views.

    “Know what you drink. Sometimes something that is label as healthy & gives you energy can be dangerous” – caffeineamount.com

    • Burton | diseño web almeria
    • 2011年 9月 21日 7:35pm

    Now i’m usually extremely considering connected with theme and so I actually begin to have an understanding of the progression this also situations will certainly rapidly progress.

  3. Managing the code on your servers is a very important part of the release process. Over the years we’ve tried various ways and have located the below process as a old starting point.

  4. I was impressed by the quality of information on this website. Various of fantastic resources at this point. I believe I definitely will visit this place once again soon.

    • Golgo13junior
    • 2011年 6月 12日 11:16am

    「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」の皆様、
    貴殿のお怒りは、心底感ずる事を共用いたします。
    国のシステムとして、ご存知のように、日本は三権分立をもとに、動いています。
    立法、行政、司法、です。
    立法は、国会議員で、国会でその賛否をもって決まります。
    行政は、省庁の職員で動いています。
    司法は、裁判所ですね。
    透明性の確保、情報公開、国民参加の民主的なプロセス、これを貴会は主張されています。
    この三つの要望は、行政の所管とする事案であります。
    行政の基本的姿勢は、 国民の要望は、話しは聞きますが、聞き流せとの姿勢で、国民の意見は、国民の選挙で選ばれた国会議員の申し入れ、話しを聞くで十分であるとの認識であります。  故に、密室で取り決めるは、過去においても、現在においても、未来においても
    その基本姿勢は、かわりません。

      過去、現在の国会での法案成立の原案の9割は、前もって行政のキァリアスタッフが
      作成したものを、国会議員が手を挙げて許否するで成立しています。
      中には、極少数ではありますが、議員の手作りで法案が成立したものもあります。
      これを俗に言う、「議員立法」と呼ばれています。
      おかしいですね。 本来議員たちが、いろいろな情報をあつめて法案をつくるが
      立法であります。 たしか、議員に法案成立にブレーキを掛けるため、
      議員立法においては、最低でも、10名か、20名以上の賛同者がいないと、国会での
      審議はできない「しくみ」になっています。
     素晴らしい提案であれば、一名でも、国会審議が可能であるべきとおもいます。

    現状の法律からでは、行政のキァリアによる密室での政策決定をとめる事はできません。
    では、どうするか、
    ここは、やはり、貴会と波長のあう国会議員をさがし、その議員と密な会合を何回もすすめ
    行政のキァリア官僚に対抗するという、方法しかないようです。

    仲間を増やすということには、このインターネットは十分きのうしますが、現実に、行政への申し入れに関しては、国会議員との密な関係を築くしか方法はありません。
       小生、20年に及ぶ政治活動から、得た経験を申し述べさせていただきました。
           
               ありがとうございます。
                             2011-6-12
                             Golgo13junior

    • ASAMI
    • 2011年 6月 10日 8:58pm

    賛成です。
    国民のことをもっと真剣に自分の家族、子供孫のことと思って考えて欲しいです。
    電子署名集めたらどうでしょうか?

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。