「国民的議論」で決める原発・エネルギー政策!パブコメをだそう

政府は「エネルギー・環境に関する選択肢」を発表、これからのエネルギーと環境について、どんな社会を選択するか、市民の意見─“パブコメ(パブリックコメント)”が求められています。まずは「ゼロシナリオ」を選択すべきです。さらに指摘すべき点について、示された選択肢自体の問題点を明らかにするガイドブックを作成しましたので、意見提出の参考に活用下さい。

カンパ募集中!「原発ゼロ・パブコメの会」ゆうちょ銀行 00160-9-359096

【呼びかけ団体】(7月13日現在)

eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)、さようなら原発1000万人アクション実行委員会首都圏反原発連合

選択肢ガイドブック 4 (slideshare サイト) pdfファイル

見たいページ ↑ 番号を入力

目次
政府が提示した3つのシナリオってどんなシナリオ?  3
「エネルギー・環境に関する選択肢」の 8 つの問題  4
 1. 原発をいつまでにゼロにするか→期限を決めることが大事  5
 2. 省エネがたった 1 割 →もっと大幅削減を  6
 3. 化石燃料・特に石炭の依存が大きい! →燃料シフトを!  7
 4. 再生可能エネルギーの導入見込みが甘い。→もっと増やせる!  8
 5. 温暖化対策は先送り。→温暖化対策にも重点を。  9
 6. 再処理の余地を残している!→再処理継続は非現実的 10
 7. システム改革に触れず →電力自由化や発送電分離は不可欠! 11
 8. ゼロシナリオの“負担”を強調 →未来へ向けた“投資”です 12
日本で原発を考えていく上での大前提 13
“国民的議論”の方法に異議あり。ほとんど知られていません 14

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「国民的議論」で決める原発・エネルギー政策!パブコメをだそう
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. l Pogba gives away sloppy penalty after dab like handballGetty Images5Griezmann is keen to play with Paul Pogba at club levelAtletico appear to be resigned to losing their star player and will therefore look to re-sign Costa from Chelsea as his replacement.

  2. If you desire to grow your knowledge simply keep visiting this web page and be updated with the latest information posted here.

  3. 【意見の概要】
    原発依存率、ゼロ%を選択します。
    他の2つの選択肢は、あり得ません。

    【理由】
    1.原発依存からの速やかな脱却を求めます。
    核がコントロール不能であることは、事故処理もままならず悲惨な状況が続いている福島第一原発の事例がはっきりと証明しています。たとえ事故がなくても、放射性廃棄物の課題はいまだ解決されていません。また地震多発国の日本で、巨大地震の発生が懸念されている中、日本列島のどこであれ、原子力発電所の存在は極めて危険です。以上、原発に合理性を見出せません。

    2.他の2つの選択肢は、あり得ません。
    これまで原発推進のためにマイナス要因の多くに蓋をして国民を欺き、目先の利益を追い求め続けてきた政府や電力会社等の罪はたいへん重いと考えます。40年を経過し老朽して廃炉にすべき原発の存在や原発の稼働率などを考慮するとき、15%の選択肢とは、増設をさえ意味します。たとえ1基でも増設を許せば、またもやコスト回収等の経済性を理由に原発依存から脱却することが困難になることは明白です。もう騙されません。

    3.今こそ、「未来への責任」を果たす時です。
    フクシマの多大な犠牲を教訓とし最善を為すことを、世界は注目しています。もはや、「自分たちの国」が愚行重ねることを看過することはできません。「生きる」ことの意味を、原点に立ち返ってもう一度、問い直してください。過去を悔い改め、日本の再生を図ってください。

    • YS
    • 2012年 7月 18日 10:11pm

    0%選択です。
    唯一の0シナリオ、2030年までということですが、再稼働には反対です。
    再稼働、稼働を始めた原発の停止も含めた選択を希望します。

    再稼働に強い危機感を抱いています。
    福島の原発爆発事故の日から一日一日と遠ざかる今、先の猶予を見据える余裕ができてきたということでしょうか。
    遠ざかるのは日付と記憶のみで、実際には壊れて、未だ思うようには手の付け難い状態となっている壊れた原発と、その他50基余りの原発が各地に配置されているということです。

    福島在住ですが、地震の直後、テレビで煙を上げる映像を見て、途方に暮れました。
    一年が周り、この状況は来年も再来年もまたその次も続くのです。
    この季節に気兼ねなく子供を外で遊ばせてあげられないことをはじめ、色んな制約や心配事が常について回る生活、自然に存分に親しむことのできない窮屈さは、時間をかけてどれほどその土地に住む人の心を蝕んでゆくでしょうか。
    線量計を「お守り」だと言って首に下げている子供の姿を、身近な子供の姿と重ねて見て下さい。

    取り戻せないものを思うと、社会に必要なものだからだと、今すぐ止めるのは現実的ではないかrと、それらを理由にして再稼働を受け入れることはとてもできません。

    経済のことを問題にできるのも、命あっての物種、土地があっての物種です。

    色んな問題、不自由さはあるでしょう。
    色んなエネルギーを消費して生活を営んでいる、それは事実ですし、現実です。
    それは原発によるエネルギーを軸として経済が、社会が築かれてきた故でしょう。
    その仕組みに向かい合ってゆくことは、簡単にはいかないでしょう。
    それは原発ありきの社会によって暮らしてきた私達の価値観を問うことでもあります。

    ですが。
    何よりもまず、これ以上、誰にとっての故郷を失ってもほしくないのです。

    • melancholic
    • 2012年 7月 17日 9:18pm

    今すぐに原発をすべてなくすというのは、現実的じゃないと思いますが、2030年時点ということなのでやはり0%を支持します。
    原発は地球温暖化に貢献するという意見もあるようですが、それなら自然エネルギー、再生エネルギーのほうが断然良いわけで、今後の17年位での科学技術の進化に期待します。
    また、現在を生きている我々としては、将来のこの国を負って立つ未来の子供たちに対して核のゴミを残すべきではないと思います。

    • アリ
    • 2012年 7月 17日 6:50pm

    福島から避難して来た方の話を聞くたびに、国の対応に怒りを覚えます。

    命を軽視する国のやりかたにはうんざりです。
    私は誰も責任を取れない原発は認めません。
    原発ゼロ%を支持します。

    • 武豊の男
    • 2012年 7月 17日 8:38am

    私は311の事故の後我が国は世界の信頼を集める国になると思った。
    しかし国や東電は方針を間違った方にひっぱた。
    これでは二流国三流国になっても仕方ない。
    これからでも遅くないのでゼロから考え直して責任の取れる制度にして貰いたい。
    政府も東電も誰一人責任を取ってはいない。

    私はゼロパーセントを支持します。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。