【院内集会】 どうなる「発送電分離」?!~電力システム改革のゆくえ

——————————————————————
2/27 院内集会
どうなる「発送電分離」?!~電力システム改革のゆくえ
※PDFはこちら>130227_denryokusystem
——————————————————————

電力会社の経営体制や体質の弊害が、ついに福島の原発震災につながってしま
いました。脱原発に向けて電力のしくみを早急に改革しなければなりません。
経産省「電力システム改革専門委員会」は、昨年1年間の電力自由化の議論を
ふまえ、2月8日に「発送電分離は法的分離、2020年までに段階的に実施」す
る工程表を報告書案として提示しました。

地域独占体制が解消され、新規事業者が発電に参入し、消費者が電力を選択で
きる改革が期待されます。具体的にどのように改革が実行に移されるのか、
「法的分離」の次の段階、「所有分離」まで進む道筋は示されるのか、垂直統
合や総括原価方式は変わるのか、分散型・自然エネルギーを普及させる電力の
しくみが実現するのかどうか。

電力システム改革が骨抜きまたは先のばしされることが決してないよう、問題
提起します。

●日時: 2月27日(水)17:00~19:30
●場所: 衆議院第二議員会館 多目的会議室
(最寄:永田町駅、国会議事堂前駅)

●プログラム
1)経済産業省・電力システム改革専門委員会事務局 より報告
2)電力システム改革議論の現状共有とディスカッション
船津 寛和氏 (環境エネルギー政策研究所)
大林 ミカ氏 (自然エネルギー財団)
3)講演: 町田 徹氏 (経済ジャーナリスト)
2012年6月「東電国有化の罠」(ちくま新書)著者
4)質疑とディスカッション

●資料代: 500円
●主催: 発送電分離プロジェクト、日本消費者連盟、
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
●問合せ: eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
http://e-shift.org
Tel: 03-6907-7217 Fax: 03-6907-7219 Email: info@e-shift.org
発送電分離プロジェクト
Tel: 042-565-7478 Email: fwnp7112@mb.infoweb.ne.jp

※参考:eシフトブックレットVol.2「自然エネルギー社会のための発送電分離」
http://e-shift.org/?p=2310

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【院内集会】 どうなる「発送電分離」?!~電力システム改革のゆくえ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. コメントはまだありません。

  1. 2013年 2月 16日
    トラックバック先 :Global Ethics
  2. 2013年 2月 17日
  3. 2013年 2月 20日
    トラックバック先 :Global Ethics
  4. 2013年 2月 20日
  5. 2013年 2月 23日
    トラックバック先 :Global Ethics
  6. 2013年 2月 26日
    トラックバック先 :Global Ethics
  7. 2013年 2月 26日
コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。