【声明】「原子力損害賠償支援機構法」は公正な賠償スキームを阻害

8月3日、参議院本会議で「原子力損害賠償支援機構法」が賛成:214、反対:21 で
可決されました。
これを受け、脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会(eシフト)、国際環境NGO FoE Japan、グリーン・アクション、ハイロアクション福島原発40年実行委員会、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)は、下記の共同声明を発出しました。

========================================================
2011年8月3日

共同声明】
「原子力損害賠償支援機構法」は公正な賠償スキームを阻害する
原子力損害賠償法による賠償の「無限責任」を守れ
========================================================

私たち市民団体は、本日成立した「原子力損害賠償支援機構法」の内容は、実質的に東京電力の安易な救済をはかるものであり、事故被害者の犠牲の下に依然として現在の原発推進政策・電力供給体制を温存するものとして、強く抗議します。

また、附則や附帯決議に盛り込まれた原子力損害賠償法第3条の見直しが、現行の賠償の「無限責任」を有限にし、賠償に上限を設けるものにならないか懸念しており、「無限責任」原則が今後も継続されることが確保されるべきであると考えます。

原発事故被害者への賠償の迅速な支払いが必要なことは言うまでもないことですが、これについては仮払い法によって確保できるはずです。今回の支援機構法は、下記のようにさまざまな問題を抱えているのにもかかわらず、あまりに拙速に成立しました。

(1)法律は、東電役員、東電株主や金融機関等の大口債権者の責任について言及していない一方、税金投入と他の電力会社(原子力事業者)からの負担金、すなわち国民による負担が想定されており、公正な負担順序ではない。

(2)電力市場は実質的に既存の10電力会社による地域独占体制が継続している。
法律はこの地域独占を固定化し、現在の発電・送配電の一体経営を温存する。結果、電気料金は高く据え置かれ、自然エネルギーへの新規投資を停滞させる。

(3)第1条(目的)に、「電気の安定供給その他の原子炉の運転等に係る事業の円滑な運営の確保を図り」とあり、依然として原発政策の維持推進を前提としている。

(4)現在原子力損害賠償法において、原発事故で生じた損害に対する賠償に限度はないが、付帯決議として、この無限責任の見直しができる余地を残している。

 

私たちは同時に、迅速・公正な賠償の実現と責任所在の明確化、電力供給体制の抜本的改革と持続可能なエネルギー構造実現に向けて、以下引き続き強く要請します。

(1)東電の債務超過を認め、破綻処理を行うこと。東電は100%減資し一時国有化し、金融機関等の債権者には債権放棄を求めること。その上で発電事業及び送配電事業を個別に売却し、賠償原資に充てると同時に、発電事業と送配電事業の分離を実現すること。

(2)賠償負担による財政支出の削減は、原子力発電所を運営する企業が掛けている損害賠償責任保険金額(現在1200億円)の抜本的な値上げで対処すること。また再処理等積立金(2兆円以上)等を賠償原資とすること。

以上

脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会(eシフト)
国際環境NGO FoE Japan
グリーン・アクション
ハイロアクション福島原発40年実行委員会
福島老朽原発を考える会

PDFはこちら

連絡先: 国際環境NGO FoE Japan
〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-8みらい館大明1F
Tel:03-6907-7217 Fax:03-6907-7219 finance@foejapan.org

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【声明】「原子力損害賠償支援機構法」は公正な賠償スキームを阻害
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. This article presents clear idea in favor of the new people of
    blogging, that in fact how to do blogging and site-building.

  2. dhszbxv

  3. opjbuv
    メンズ人気ブランド時計 http://www.yashada.org/vc/28.html

  4. mnplsu
    イミテーション時計 http://www.sdp.gob.hn/sitio/descargas/rolex/27.html

  5. ありがたいことに、廃棄物を最小限に抑え、より環境に優しい生活する多くの方法があります。あなたの髪は世界をより良い場所にすることができる洗浄剤として水をオフにするハイブリッド車を運転してからどんな小さなこと。大きな変更を加えることができるもう一つは、レジ袋を再利用することです。
    http://rolex-900.com
    スーパーコピー時計,コピーブランド,ブランド コピー

    • まき
    • 2011年 8月 14日 2:24pm

    声明の内容にとても共感します。

    新たに提示して下さったような原賠支援対策を実現するのが政治・行政の役割なのに、

    そうした道理にかなった考えに目を向けないのは、

    業務の怠慢に当たると思います。

    民間なら解雇されるようなことをしている国会議員や行政の人たちが重大な選択決定をしていることに怖さを感じます。

    日本中がが泥酔した人の危険な飲酒運転、目隠しして運転する車に、同乗しているような怖さです。

    シラフで目を開け、落ち着いて運転できる人たちに日本の”運転”を変わってほしいです。

  1. 2014年 10月 10日
    トラックバック先 :xocai
  2. 2014年 10月 13日
    トラックバック先 :acne pills that are safe
  3. 2014年 10月 18日
    トラックバック先 :blocked nose
  4. 2014年 10月 19日
    トラックバック先 :bacterial infection
  5. 2014年 10月 20日
    トラックバック先 :garage organizers
  6. 2014年 11月 4日
    トラックバック先 :Vita Ketone Review
  7. 2014年 11月 4日
    トラックバック先 :casino bonus
  8. 2014年 11月 6日
    トラックバック先 :Riad Marrakech Flights
  9. 2014年 11月 8日
    トラックバック先 :Sorø bedemand
  10. 2014年 11月 8日
    トラックバック先 :coralcosmosys.com
  11. 2014年 11月 8日
    トラックバック先 :Woocommerce templates
  12. 2014年 11月 8日
    トラックバック先 :Vibrant Money System Review
  13. 2014年 11月 11日
    トラックバック先 :pawn shops near me that buy guns
  14. 2014年 11月 12日
    トラックバック先 :pawn shops near me open sunday
  15. 2014年 11月 13日
    トラックバック先 :Install Tangkasnet
  16. 2014年 11月 13日
    トラックバック先 :Vitalie Skincare Reviews
  17. 2014年 11月 14日
  18. 2014年 11月 15日
  19. 2014年 11月 21日
    トラックバック先 :borrow money
  20. 2014年 11月 21日
    トラックバック先 :i need money
  21. 2014年 11月 21日
    トラックバック先 :loans for people with bad credit
  22. 2014年 12月 6日
    トラックバック先 :payday loans direct lenders only
  23. 2014年 12月 8日
    トラックバック先 :drills for soccer
  24. 2014年 12月 10日
    トラックバック先 :short term loans
  25. 2014年 12月 15日
  26. 2015年 3月 25日
    トラックバック先 :ngewe
コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。