【エネルギー】自主的意見聴取会 7/19 院内集会

「未来のエネルギーはどれ?『選択肢』に関する政府との意見交換会」

【日時】 7/19(木) 午後3時~5時
(午後2時半より衆議院第一議員会館にて通行証配布)

【会場】 衆議院第一議員会館 B1 大会議室(定員300人)

今後の原発のありかた、そしてエネルギー・環境政策の方向性決定にむけた「国民的議論」が始まっています。

しかし、将来の日本のあり方に関わる重要な議論にも関わらず、パブリックコメントの期間が短すぎる、「意見聴取会」では十分な意見聴取ができない、など、多くの問題があります。

「国民的議論」のあり方について、選択肢の内容について、「エネルギー・環境会議」事務局とともに議論します。

【プログラム】

(司会・丸子安子/みんなで決めよう!「原発」都民投票&国民投票)

1 政府から「エネルギー選択肢」について説明
質疑応答

2 NGOと参加者からの意見表明と意見交換

1)国民的議論のあり方
高田久代(国際環境NGO グリーンピース・ジャパン)

2)省エネルギーの可能性
平田仁子(気候ネットワーク)

3)自然エネルギーの可能性
船津寛和(ISEP 環境エネルギー政策研究所)

4)使用済み核燃料サイクル政策について
西尾漠(原子力資料情報室)

まとめ:吉田明子(国際環境NGO FoE JAPAN)

適宜、参加者からの質問・発言を募ります。

【資料代】 500円

【主催】 eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
原発ゼロ・パブコメの会 http://publiccomment.wordpress.com/

*自主的意見聴取会は、各地で開催できます!
国家戦略室に問い合わせ、参加してもらえるようお願いしましょう

*各地での開催日程はこちら
http://publiccomment.wordpress.com/2012/07/13/meeting/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【エネルギー】自主的意見聴取会 7/19 院内集会
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. 【エネルギー】自主的意見聴取会 7/19 院内集会 | eシフト

    • Dakarayadatte
    • 2012年 7月 18日 8:05am

    野田首相は前回訪米時のオバマとの共同宣言で、米と核連合体で原発推進すると「約束」しているそうです(日本総研究代表寺島実郎氏情報@NHK)「原文を読むとそう」。

    イニシアティブ・宣言の和訳PDFのある外務省内サイトを送信します。

    (ご存知でしたらすみません・値するものなら院内集会で配ってください)

    以下、共同宣言関係文書(外務省内・和文)添付

    ファクトシート:日米協力イニシアティブ(仮訳)

    http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_noda/usa_120429/pdfs/Fact_Sheet_jp.pdf

    「オバマ米国大統領と野田日本国内閣総理大臣は,2012年4月30日,ワシントン

    DCにて会談した。両首脳は,「日米共同声明:未来に向けた共通のビジョン」の発表

    に加え,安全保障協力,経済及び文化・人的交流の分野での日米関係の強化・拡大を目

    指す次の協力イニシアティブを発表した。

    (日米安全保障協議委員会(2+2)による共同発表)

    両首脳は,4月27日付の「2+2」共同発表を歓迎し,この新たな計画が,米軍の

    態勢及び再編に係る目標の実現を促進し,強化及び拡大された安全保障及び防衛協力に

    つながることを確認した。この発表は,この地域における,地理的に分散し,運用面で

    抗堪性があり,政治的に持続可能な米軍のプレゼンスを支えることにより,アジア太平

    洋地域を重視するより広範な米国の戦略の重要な構成要素になる。この発表は,二国間

    の安全保障関係における重要な前進となるものであり,適時かつ効果的な共同訓練,共

    同の警戒監視・偵察活動及び施設の共同使用を含む動的防衛協力等の二国間の運用面で

    の協力を強化する同盟の新たなイニシアティブへの道を開くものである。また,この発

    表は,両国政府の取組を通じ地域におけるパートナーの能力構築を支援するといった新

    たな地域協力のためのイニシアティブにも道を開くこととなる。追加的な情報及び共同

    発表本文はここから閲覧可能:「2+2」共同発表へのリンク

    (民生用原子力協力に関する二国間委員会)

    日米両国は,2011年3月の日本の原子力事故の後の日米間の緊密な協力を基盤と

    して,民生用原子力協力に関するハイレベルの二国間委員会を設置し,この分野での協

    力を更に強化する。同委員会は,民生用原子力エネルギーの安全かつ安心な実施並びに

    廃炉及び除染といった事故への対応に関連する包括的な戦略的対話及び共同の活動を

    促進する。同委員会は,原子力エネルギー,原子力安全,核セキュリティ,環境管理,

    核不拡散を含む諸分野において,より強固な研究開発交流を調整する。同委員会は,原

    子力研究開発分野における協力に関する2012年3月の合意を基盤とし,2012年

    の核セキュリティ・サミットにおける両国のコミットメントを支えていく。同委員会の

    初会合が,双方に都合の良い最も早い日に開催されることが期待される。日米両国は,

    本年12月に日本がIAEAとの共催により開催する原子力安全に関する福島閣僚会

    議の成功のために協力する。

    (新たなクリーン・エネルギー・イニシアティブ)

    両首脳は,日米クリーン・エネルギー政策対話の下で行われるクリーン・エネルギー

    の分野における以下の新たなイニシアティブを立ち上げた。

    ○東北グリーン・コミュニティ・アライアンス

    日米両国は,東日本大震災の被災地の復旧・復興を支援するため,東北グリーン・コ

    ミュニティ・アライアンスを立ち上げる。日米両国は,東北地方において,クリーン・

    ~(以下本文参照のこと)」

    日米共同声明:未来に向けた共通のビジョン(仮訳)

    http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_noda/usa_120429/pdfs/Joint_Statement_jp.pdf

    「日米同盟は,アジア太平洋地域における平和,安全保障,安定の礎である。地域の

    ダイナミックな成長と繁栄は,60年にわたり,このパートナーシップにより支えら

    れてきた。

    この同盟の力強さは,2011年の東日本大震災でも示されたが,両国とその国民

    の間の緊密な絆に基づいている。我々のパートナーシップは,このような絆によりし

    っかりつなぎ止められ,支えられていく。~」

  1. 2012年 7月 31日
コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。