【市民委】「脱原発・エネルギーシフトの基本方針」発表

2011年12月8日
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)・市民委員会

「脱原発・エネルギーシフトの基本方針」発表
~福島原発事故の反省と新しいエネルギー政策の実現に向けて~

本日、eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)・市民委員会では、日本のエネルギー基本計画の策定に向けた基本的な考え方をまとめた「脱原発・エネルギーシフトの基本方針」を発表しました。

本レポートでは、東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所事故による未曾有の悲劇を受け、日本がエネルギーについてどのような選択をするべきなのか、市民の立場から検討し、その考えを1つの案としてここに取りまとめています。これは、総合資源エネルギー調査会基本問題委員会がとりまとめようとしている基本方針に対するオルタナティブ(代替案)として提示するものです。市民の立場から、多くの市民が感じている、エネルギー政策の「シフト」のあり方を、具体的な案としてまとめました。

基本方針案は、まず、今後のエネルギー政策を考える際に鍵となる国内と世界に関する現状認識についての説明から入ります。そして、その2つを受けて、10の「原則」と7つの「柱」を提示しています。今後、政府が検討する「エネルギー基本計画」の代替案を検討していくに当たっても、これらの「原則」と「柱」を基礎として、検討をしていきます。

「エネルギー政策は知らぬ間に決められていた」のではなく、人々が、より明るいエネルギーの将来を選び取るための案として、ぜひ多くの方に「脱原発・エネルギーシフトの基本方針」を手にとって読んでいただき、新しいエネルギー政策のイメージを共有していただけたらと願っています。

>本文のダウンロード
>このプレスリリース(PDF)

エネルギーシフト実現に向けた10の基本原則
1)安全・安心の確保
2)持続可能性の達成
3)真の自給の追求
4)気候変動の抑制
5)地域資源を活かした地域社会の活性化
6)世界のエネルギー貧困解決への貢献
7)経済成長の再考
8)核不拡散
9)国際平和
10)情報および政策決定へのアクセス

エネルギーシフト実現に向けた7つの柱
1)自然エネルギーを飛躍させ、分散型エネルギー社会を構築する
2)エネルギー大量消費社会からの脱却
3)原子力発電所を全廃する
4)化石燃料依存から脱却する
5)産業としてのクリーンエネルギー技術を育成・輸出し、同時に雇用を創出する
6)政策決定プロセスに市民がより参画できるようにする
7)社会の豊かさを重視したエネルギー・システムを目指す

eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会 )・市民委員会  http://e-shift.org
〒102-0082東京都千代田区一番町9-7 一番町村上ビル6F(気候ネットワーク内)
Tel: 03-3263-9210 Fax: 03-3263-9463  Email  info@e-shift.org

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【市民委】「脱原発・エネルギーシフトの基本方針」発表
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. 既に始まっている日本の人口減少、工場などの生産設備の海外移転、高い光、熱、作動効率を備えたハイテック電気製品、それとベーシックなライフスタイルへの回帰志向などを考慮すれば日本の電気・熱エネルギーの需要は減少する(誘導出来る)!
    加えて新しいエネルギーの研究開発を率先できる補助金制度の導入により、テクノロジーを得意とする日本のエンジにアが大いに活躍出来るチャンスでもあり、従来の考え方を変えあらゆる可能性を追求する姿勢が大事だ!イギリスで起きた産業革命以来の想像を超えた技術の進歩を見ても、これからの将来はまた大きな変化と飛躍をもたらす事は誰でも理解できる事!この新しいエネルギーの実現に挑戦する事で日本の真の実力を発揮してみてはどうだろう?既に存在する物に頼るより、この挑戦の先に現れる大きな成果に期待と感激を求めて!!

    • 緑と土壌を増やして涼しく 小さな節電
    • 2012年 7月 18日 12:18am

    すごく小さな事ですが、うちのマンションには見事な大きな樹々がまだ残っています。また庭に多く植林をしました。するととても涼しいのです。冷房は使っていません。
    落ち葉が近所迷惑だとか、樹々が折れたら賠償責任がなどと言われ、伐採も多くしましたが、風がキツくなり、騒音も大きくなり、道路からの熱風も。

    最近は道路とコンクリートばかりです。実家も私道をコンクリートにした途端、そこを風がスゴい勢いで、まるで滑るように吹き抜けるようになりました。道路は、車だけでなく風も暴走します。

    道路だらけの日本、どうか街路樹で緑を増やして欲しいです。太陽の光を緑は喜んで吸ってくれます。そしてよい空気を私たちに届けてくれます。大きな樹々の下はその呼吸がひんやりとします。街路樹がたくさんあれば、歩く人には影を、熱い空気を少しでも涼しくしてくれます。道路の熱さは異常ですよ〜。防犯防犯といって豊かな緑は減っていますが、夜は虫と妖怪達の世界?ひっそりとした、森もいいじゃないですか。緑があれば虫のセレナーデがあります。
    どうか豊かな緑を。防犯には太陽光の街灯で照らすのは。

    建ぺい率100%のような家やコンクリートとガラスのマンションばかりですが。地面と緑をとにかく増やせば、夏は涼しく、冬はマイルドになります。
    緑は人に生きる力を与えてくれます。
    余談ですが、野の草は強く、お茶にすれば私たちを健康にします。

    もっと自然に。緑を増やして、健康な社会にして欲しいなと願っています。
    簡単な事です、豊かな緑を、土を増やして行くだけです。コンクリートで焼けただれて、冷えきる、砂漠の世界は、家庭での冷房暖房の繰り返しばかり。
    家庭で小さな節電、緑の力で。植林で。
    光合成は植物にしか出来ない偉業です。緑が無ければ人間は生きられない。

  1. 2011年 12月 10日
    トラックバック先 :ISEP 環境エネルギー政策研究所
  2. 2012年 7月 19日
  3. 2012年 8月 29日
コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。