【市民委】 市民版「エネルギー基本計画」発表

=====================================================================
脱原発・エネルギーシフトの基本計画
~市民版の「エネルギー基本計画」案 発表
http://e-shift.org/?p=2301
=====================================================================
                            2012年8月29日
   eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)・市民委員会

本文のダウンロードはこちら 120829_eshift_TheAlternativePlan

東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所事故を受けて、日本のエネ
ルギー政策の見直しが政府で行われています。
これまで、エネルギー政策は人々の生活に大きな影響を与えるものでありなが
ら、ごく一部の人々の間で決められてきました。しかし、今回の未曾有の悲劇
を受け、日本がエネルギーについてどのような選択をするべきなのか、多くの
人々が真剣に考え始めています。「このままではいけない」と、多くの人々が
真摯に感じています。これから日本政府がエネルギー政策の今後について行う
決定は、人々のそのような気持ちを受け止め、反映させるものでなければなり
ません。

私たちeシフト・市民委員会は、エネルギー問題について様々な形で関わって
きた市民団体・研究者・NGO等が集まったグループです。これから、日本がど
のような決定をするべきか、市民の立場から検討し、その考えを1つの案とし
てここに取りまとめました。これは、総合資源エネルギー調査会基本問題委員
会がとりまとめようとしている「エネルギー基本計画」に対するオルタナティ
ブ(代替案)として提示するものです。市民の立場から、多くの市民が感じて
いる、脱原発とエネルギー政策の「シフト」のあり方を、政府が採るべき具体
的な案としてまとめました。「エネルギー政策は知らぬ間に決められていた」
のではなく、人々が、より明るいエネルギーの将来を選び取るための案とし
て、この「脱原発・エネルギーシフトの基本計画」が役に立つことを切に願っ
ています。

この基本計画案は、まず、今後のエネルギー政策を考える際に鍵となる国内と
世界に関する現状認識についての説明から入ります。そして、その2つを受け
て、計画の礎となる10の「原則」、そして、計画の具体的な中身である8つの
「柱」を順に提示していきます。

<内容>
1.現状認識(1)東日本大震災および原発事故が明らかにしたもの
2.現状認識(2)世界の潮流
3.エネルギーシフト実現に向けた10の基本原則
4.エネルギーシフト実現に向けた具体的な8つの柱

※参考: 「脱原発・エネルギーシフトの基本方針」 2011年12月8日 http://e-shift.org/?p=1452

eシフト・市民委員会(とりまとめ担当:山岸)
〒105-0014 東京都港区芝3-1-14 日本生命赤羽橋ビル6階(WWFジャパン内)
Tel: 03-3769-3509 Fax: 03-3769-1717 URL:eシフト http://e-shift.org/


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【市民委】 市民版「エネルギー基本計画」発表
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

    • 吉原 義
    • 2012年 9月 5日 12:19am

    危険極まり無い原発は直ぐ廃炉しましょう、管理責任者もいない爆発しても福島県を見ても避難すべき人々を見捨てた大企業官僚機構政府学会の責任逃れと未だ原発稼働に拘り、原子力安全保安院が未だに采配をし、司法は微動だに動かない!?

    主権者国民の健康と地球安全存続の意義を回復再生しましょう。

    国防から見ても既存の原発54基に試験炉数基あり、攻撃を他国から受けた場合この日本は終了予測になります。

    日本には革新的技術の発明が沢山有ります、酸水素ガス技術はガス会社等で燃焼効率と有害物質の除去で使用は秘隱でしょうか、岡山大学のグリーンフェライト技術発明での応用の薄膜色素増感燃料電池等、毎日明るいテクニカルニュースは拝見しますが、政府マスコミ発表は毎日暗い話題性から欠け離れたニュースです。

    「HHOガス」原料は水、放射線物質無害化は試験済みです、人体に影響無い位まで核改変は出来るのはデータも東京都には渡した話しは聞きました。
    保安院は許認可を出さない。

    自民党民主党議員、福島県主要な方々も安全安心安価な然も爆発しない「OHMASA-GAS」日本テクノ世界特許参照は実験認知し、シェールガス、ガソリン、フロパンガス混合でも出力は倍になる、原料は水のみ、保管も出来るはご存知の筈です。

    日本の多数の革新技術を国民が選び産業のイノベーションを計り、飲料水も安全にし、農林漁業を盛んにしましょう。

    • 石垣敏夫
    • 2012年 8月 31日 7:04am

    素晴らしい試案を作成して頂き、ありがとうございます。
    しっかり読んで検討させて頂きます。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。