カテゴリー : その他

【エネルギー情報】「エネシフ・ナウ!」通そう今国会で「再生可能エネルギー促進法」!

菅総理登場!孫社長も飯田哲也さんも来ます!自然エネルギーへのシフトの一歩です! 「エネシフ・ナウ!」通そう今国会で「再生可能エネルギー促進法」!

孫正義氏講演 / 菅直人総理大臣メッセージの動画公開!
続きを読む

【エネルギー情報】勝手に密室で決めるのはやめてください! ~ エネルギー政策の中身はこれまでの延長!?~(プレスリリース:2011/6/10)

勝手に密室で決めるのはやめてください!

~ エネルギー政策の中身はこれまでの延長!?〜

福島第一原子力発電所の事故によって、わたしたちは、さまざまな形で、耐えがたい苦しみと被害を受けることになりました。これからの原子力発電を含む日本のエネルギーのあり方がどうなっていくのかは、日本国民全員の暮らしやいのちに関わる、たいへん重要な課題です。 続きを読む

【活動報告】Ustreamで見る‘6・4シンポジウム’ 『これからの「未来」の話をしよう!自然エネルギー主流のエネルギー政策は可能だ!』

eシフトな皆様へ

6.4シンポジウムは、急な設定と呼びかけにも関わらず、650人超の方々の参加によって熱のこもった会になりました。新しい市民社会への第一歩が始まったことを実感した一日でした。会場に直接来れなかった多くの方々もUstreamで中継を見ていてくださったようで、皆さんの関心の高さがうかがえました。久しぶりの天気の良い土曜日にも関わらず、会場まで足を運んで下さった皆さん、ネット中継で参加して下さった皆さん、どうもありがとうございました!!! 続きを読む

【エネルギー基本計画】【アクション】「エネルギー基本計画」見直しに向けた活動方針

「エネルギー基本計画」見直しに向けた活動方針

eシフトでは、「脱原発と持続可能なエネルギー政策に向けた政策提言づくり」と「その実現」を目指し、原発推進をかかげる「エネルギー基本計画」を白紙に戻して議論し、新しいエネルギー計画をつくっていくために活動していきます。 続きを読む

【エネルギー基本計画】その三

Q5. そもそも「エネルギー政策基本法」ってどんな経緯でできたの? 続きを読む

【エネルギー基本計画】その二

Q3. エネルギ―基本計画で示された2030年までの目標とは? 続きを読む

【エネルギー基本計画】その一

「エネルギ―基本計画」とは・・・

Q1. エネルギー基本計画って何? 続きを読む

【活動報告】2011/6/1 : eシフト記者会見

streaming by Ustream

3・11以降の原発事故を契機に、エネルギー政策の転換をすすめるため超党派の個人・ 団体の集合体、「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会(略称:eシフト)」が発足しました。この度、以下のとおり設立趣旨、活動内容や今後の活動方 針(6月4日のシンポジウムなど)について会見しました。

[日時]2011年6月1日(水)午後6時~(開場は午後5時予定)
[場所]さくら共同法律事務所 http://www.sakuralaw.gr.jp/
(千代田区内幸町1丁目1番7号NBF日比谷ビル16階)
[出席者]飯田哲也(環境エネルギー政策研究所代表)、おしどりマコ・ケン、平田仁子(気候ネットワーク東京事務所長)ほか
[会見内容]
1. 3月11日以降、進行中の原発事故を契機にエネルギー政策の転換を柱に活動をしてきたeシフトの設立趣旨と、現在までの活動内容や今後の活動方針について
2. 6月4日に初めての主催シンポジウムを実施予定。内容およびシンポジウム趣旨について
3. 文部科学省「20ミリシーベルト」撤回運動について
4. 「エネルギー基本計画」の見直しに向けた活動方針について
[共催]自由報道協会設立準備会、脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会(eシフト)

【シンポジウム】リマインダー!‘脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム’

満員につき、申し込みを締め切らせていただきました。みなさん、事前申し込み登録にご協力、ありがとうございました!
なお、当日の模様は下記から中継されますので、ご来場出来ない方はこちらでご覧下さい!
http://www.ustream.tv/channel/e-shift

‘脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム’
『これからの「未来」の話をしよう!自然エネルギー主流のエネルギー政策は可能だ!』

あんなにたくさんの人がタイヘンだったのに、どうしてゲンパツをとめられなかったの?」

もしも、“未来”を生きる子供たちにこんな言葉で問われたら、“今”を生きる私たちは、どうやって弁明するのだろう?そもそも、「弁明すること」を考えること自体、本当にいま、私たちがやるべきことなのだろうか?“未来を生きる人たち”のために、“今を生きる私たち”がやるべきことは?「ゲンパツ当たり前」から「自然エネルギー当り前」へ。自然エネルギー主流としたエネルギー政策を実現するためのファーストステップ!「6・4シンポジウム」から始まります! 続きを読む

【活動報告】20ミリSv問題に関しての文科省発表に対する声明:『大きな一歩』

2011年5月27日付けで、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」「グリーン・アクション」「福島老朽原発を考える会(フクロウの会)」「美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)」「国際環境NGO FoE Japan」「環境NGOグリーンピース・ジャパン」は、以下のような声明を発表しました。 続きを読む