カテゴリー : その他

【エネルギー】自主的意見聴取会: 7/24 in 東京

未来のエネルギーはどれ?
「選択肢」に関する政府との意見交換会
●日時: 7月24日(火)18:30~20:30
●会場: 渋谷商工会館 2F 大研修室
———————————————————— 続きを読む

【エネルギー】自主的意見聴取会 7/19 院内集会

「未来のエネルギーはどれ?『選択肢』に関する政府との意見交換会」

【日時】 7/19(木) 午後3時~5時
(午後2時半より衆議院第一議員会館にて通行証配布)

【会場】 衆議院第一議員会館 B1 大会議室(定員300人) 続きを読む

【eシフト声明】 原発ゼロシナリオ+省エネ/再エネ強化で持続可能な社会を

【eシフト声明】
「エネルギー・環境に関する選択肢」の“国民的議論”に向けて
原発ゼロシナリオ+省エネ/再エネ強化で持続可能な社会を

2012年7月6日
eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会

>PDFはこちら 120706_eshift_sentakushi
続きを読む

【eシフト声明】 新しい原子力規制組織の法案及び法案審議についてのNGO声明

新しい原子力規制組織の法案及び法案審議についてのNGO声明

2012年6月14日
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)

>PDFはこちら 120614_規制組織法案声明

続きを読む

【私たちが望む】大飯原発再稼働に対する首相の声明 

「プルトニウムなんていらないよ!東京」の高木章次さんが、6月3日、福井県庁前抗議行動にて、読み上げた要望書です。
「【私たちが望む】大飯原発再稼働に対する首相の声明」ぜひ読んでみてください! 続きを読む

【緊急院内集会】大飯原発再稼働即席安全基準に「ノー」!

事態急転 来週にも地元説明?
<明日>【緊急院内集会】STOP!大飯3・4号機再稼働
インスタント安全基準に、みんなで「ノー!」
井野博満さんも駆けつけます! 続きを読む

4閣僚に「再稼働の“政治判断”するな」の声を大至急届けよう!

東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)です。

野田政権は、新年度の開始早々に、首相を含む4閣僚による会議を開き、
大飯原発3、4号機の再稼働に向けた「政治判断」を行おうとしています。
しかし、強引な政治判断を正当化する材料は何一つ存在しません。 続きを読む

【情報】原発をとめるための4つの方法(弁護士:海渡雄一氏)

点検で停止中の原発の運転再開をゆるさなければ、4月末には原発ゼロに。
今必要なのは、原発を止めておくこと、そして、脱原発に政策の舵を切ること。
eシフトは、弁護士の海渡雄一さんにお話を聞きました。(2012年1月25日) 続きを読む

エネルギーシフト・カフェ ~語り合いから生まれる未来~ 【リフレクションラウンド開催!12/11(日)】

11月23日、エネルギーシフトに関心のある老若男女が東京・大崎で丸一日語り合いました。

【なぜ自分はエネルギーシフトに関心を持っているのだろう?】

その想いを見つめるところから始まり、自分の、そしてみんなの実現したい未来を描き、その未来に向かっていくために、これから行いたいアクションについて語り合いました。

そこで仲間を見つけたり、自分の新たな想いに気づいて、すでに行動を起こした人、もっと話したい気持ちが高まっている人、どう行動しようかと悩んでいる人、なぜか行動が始まっていない人、などなど、いろいろな状況が生まれているのではいでしょうか。

今回は、カフェを主催したeシフトが、振り返りの場を設けます。カフェに参加した人どうしが再び顔を合わせ、カフェ後の状況についての共有や、集まったときみなさんが感じていること・思っていることをじっくり語り合いたいと思います。

カフェに参加した人も、参加したかった人も、よろしければ、お集まりください。  続きを読む

【緊急集会】許すな!東電温存と損害賠償の上限設定 機構法案を廃案に!!

国会に、怒りの声を結集させましょう!!!
7月25日(月)13:00~15:00@参議院議員会館講堂
チラシはこちらから(PDF)

——————————————————–

現在、福島第一原発の賠償に関して、東京電力を支援するための原子力損害賠償支援機構法案と、野党提出の仮払法案が国会で審議されています。しかし、両法案の修正協議において、現在の原子力損害賠償法の無限責任原則を変更し、賠償負担に上限を設ける法改正を進めるとの附帯決議を行うことが与野党間で検討されています。

現在の法制度では、原発事故で生じた損害に対する賠償に限度はありません。
ところが、これに上限が定められれば、将来の原発事故による多くの被害者-死亡者、負傷者、職を失った人たち、土地を失った人たち、避難を余儀なくされた人たち等々-に対して、賠償額が削減されることになります。

このような附帯決議つきの法案が、26日に衆議院を通過しようとしています。

事故被害者の犠牲の下に原発政策を推進していくための法改正を断じて許すことはできません。また、東電の温存のための、原子力損害賠償機構法案を認めることもできません。

みなさん、怒りの声をあげていきましょう。25日(月)、国会に集まりましょう!

■日時:7月25日(月)13:00~15:00
■場所:参議院議員会館 講堂(東京都千代田区)
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
 最寄駅:東京メトロ 丸ノ内線 千代田線   国会議事堂前駅
  有楽町線 半蔵門線 南北線  永田町駅
(誰でも参加できます。30分前から、ロビーにて入館証の配布を行います)

■内容(予定):
 ・原子力損害賠償支援機構法案の影で~原賠法の改悪が意味するところ
   只野靖、福田健治/弁護士
 ・ これは、「東電救済法案」だ!
   堀江鉄雄/東電株主
 ・怒りのアピール(参加者の皆さん、どうぞご意見を!)
 ・国会議員からの発言

■主催: eシフト、国際環境NGO FoE Japan、グリーン・アクション、
     福島原発事故緊急会議、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)

■賛同:脱原発・東電株主運動

■参加費無料

■申込み(申込がなくても参加できますが、人数把握のため、下記URLからお申
込みいただけると幸いです)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/4a9071f9159894

■問い合わせ:
 国際環境NGO FoE Japan 満田(みつた)
 携帯:090-6142-1807

————————————————
※あなたの地元の国会議員に、ファックスを送りましょう!
(ポイント)
 東電を温存させる「原子力損害賠償支援機構法案」を認めない!
 原発事故の損害賠償に上限を設ける、原賠法の改悪を許すな!!

詳しくは下記の「ロビーマニュアル」をご参照ください
http://e-shift.org/?p=836

国家議員のファックス番号・電話番号は以下のサイトで調べられます。
http://gikai.fc2web.com/
————————————————