【セミナー】エネルギー政策転換に向けた議員セミナー 第2回

★—————————————————★
エネルギー政策転換に向けた議員セミナー 第2回
 ~原発依存社会がもたらしたもの~ 【要申込み】
5/19 15:00~18:00@衆議院第1議員会館 多目的ホール
http://www.foejapan.org/infomation/news/evt_110519.html
★—————————————————★

【プログラム】(すべて予定、仮題。敬称略)
・原発依存・電力多消費社会をつくりだした人々
           上杉隆/ジャーナリスト
・原発は、地域社会をどう変えたか?
           佐藤和良/いわき市議会議員
《ワンポイント報告》
・怒れる親たちの声をきけ~子ども20ミリシーベルト
           阪上武/福島老朽原発を考える会代表
・飯館村が今、直面していること(調整中)
           飯館村村民

【日時】2011年5月19日(木)15:00~18:00

【場所】衆議院第1議員会館 多目的ホール
東京都千代田区永田町1-7-1
>地図 http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

【資料代】1,000円

【定員】250名 (※定員に達し次第締め切ります)

【要申込み】下記URLの申込みフォームよりお申込みください。
 http://www.foejapan.org/infomation/news/evt_110519.html

【主催】国際環境NGO FoE Japan、環境エネルギー政策研究所(ISEP)、
 原子力資料情報室、グリーン・アクション、グリーンピース・ジャパン、
 「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、原水爆禁止日本国民会議

【問合せ】FoE Japan 満田、渡辺
 Tel:03-6907-7217 Fax: 03-6907-7219
 Email: finance@foejapan.org

【趣旨】
福島第一原子力発電所の事故は、日本のエネルギー政策の根本を揺るがすものと
なりました。いままで原発に依存してきたエネルギー計画や温暖化対策の抜本的
見直しが必要となってきています。本集会は、エネルギー政策の転換がなぜ必要
なのか、どのように達成するのかを議論するシリーズの第2弾です。

今回は、原発・電力多消費社会の構造的な問題に切り込むとともに、あらためて
福島原発事故の根本的な問題を見つめます。

※議員会館の外からお越しの参加者には、14:30から15:15まで、衆議院第1議員
会館の入口で入館証を配布します。大幅に遅れる場合は、あらかじめご連絡くだ
さい。

※なお、20ミリシーベルト撤回の署名活動も継続しています。
ぜひご協力ください。
■拡散希望!!
[第2弾]子ども20ミリシーベルト基準の即時撤回および被ばく量の最小化のた
めの措置を求める緊急要請
http://e-shift.org/?p=485
■ツイッター・携帯用
【署名願!第2弾】子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回と被ばく量の最
小化のための措置を求めて、緊急要請署名を継続中です。福島の子どもたちを放
射能汚染から守るために、署名をお願いします! http://p.tl/1gKr

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【セミナー】エネルギー政策転換に向けた議員セミナー 第2回
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. thank you good article…

  2. Thanks you admin good article…

  3. Thanks with your fantastic related information right here interior your websites, that is the short questions with the web log customers. Who noted this simple list line? . . . .Fancy is without question persevering, really enjoy is simply range. There is no evaporation covet, no brag, it’s not at all satisfied. Not necessarily vulgar, it isn’t necessary to self-seeking, it is not necessarily quickly angered, of which gets not for write down within errors. Take great delight in is not going to enjoy wicked but then rejoices throughout the basic fact. Which automatically manages, persistently trusts, without exception dreams, never fail to perseveres.

  1. トラックバックはまだありません。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。