1/10 パブコメセミナー「原発事故費用&廃炉費用、東京電力が責任を取らないまま国民負担でいいの??」

 

新春パブコメセミナー

 

福島第一原発事故の廃炉・賠償費用の一部、通常の原発の廃炉費用の一部を、「託送料金」で回収できるようにしよう、という案が、導入されようとしています。

経済産業省の委員会で、9月下旬からのわずか2か月強の議論で「中間とりまとめ」が出され、現在パブリックコメントにかかっています。
このパブコメ、勉強しながらみんなで書いてしまいましょう!

こちらも参考に 「パブコメで未来を変えよう!」
https://publiccomment.wordpress.com/2016/12/20/baisyohairo/

 

当日資料

・パブコメのポイント(市民電力連絡会 竹村) 170110_takemura ←そのまま参考にしてパブコメが書けます。

・東電問題の概要(FoE Japan 吉田) 170110_yoshida概要図で整理


 

◆◇開催概要◇◆

日時:日時:2017110日(火)18:3020:30(開場18:45

場所:中央区環境情報センター

(東京都中央区京橋三丁目1番1号 東京スクエアガーデン6階)

(地図:https://eic-chuo.jp/access/

参加費:無料

定員:90

講師:竹村英明さん(イージパワー株式会社社長、市民電力連絡会会長)

共催:eシフト、市民電力連絡会、国際青年環境NGO A SEED JAPAN

パワーシフト・キャンペーン運営委員会

◆◇◆お申込み◆◇◆

下記のフォームからお申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeJuvH8mjTu2Kj9VPiSbC4gMU8aqJ-AJKPv1DJLx8wedklldQ/viewform

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 1/10 パブコメセミナー「原発事故費用&廃炉費用、東京電力が責任を取らないまま国民負担でいいの??」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

    • 桜井真樹子
    • 2017年 1月 17日 3:23pm

    東京電力の廃炉費用の一部国民負担に反対します。福島第一原発事故を省み、新たな電力を立ち上げた人々の電力送電になぜ、廃炉費用を負担するのでしょうか?原発を作らなければどれだけの電気料金で国民に提供できるかを試みている事業者にとって、そして東京電力以外の新エネルギーを開発しようとする電力会社を応援してしようとしている国民の迷惑です。まず、東京電力が真摯に責任を取って廃炉費用負担を自社で行ってほしい。それが無理だからと、あまりにも安易に政府からの援助、というのは国民の税金、国民の新エネルギー電力会社に支払う電気料金、というのは、まさしく国民の毎月の所得額そのものから、廃炉費用を負担しようというのは、毎月のお小遣いか足りなくなって、ママにおねだりするよりも恥ずかしいことであることを自覚しなさい。一電気会社として、どこまで自社の責任で、この事故の処理に立ち向かっていくか、その姿勢を政府にも国民にもまず、見せるべきである。

    • 橋和田 正治
    • 2017年 1月 4日 6:28pm

    ふざけるのも、たいがいにしろ・・・原発の廃炉にかかる費用は、全て、それを推進してきた「東電」と「自民党」が持て、先ず、東電で甘い汁を吸ってきた、歴代の社長以下、役員の「財産の没収」、自民党議員の「歳費の返納」が先だろう。

    そもそも、東電以外の電力会社に移る人々は、原発の即時廃止を願ってのもの、それがなぜ、原発推進の東電の「廃炉費用」を支払わねばならないのか、新しい電力会社にとっても、迷惑この上ないだろう・・・それとも、新電力つぶしが目的なのか・・・はっきり言え。

    仮に、原発の廃炉費用を、国民が負担することが有るとしても、それは最低限、日本国中のすべての原発を停止し、全てを廃炉とし、原発事業から撤退することが、全ての前提だろう・・・原発産業で、なお甘い汁を吸いながら、全ての付けを国民になどという事は、絶対に許さない・・・天罰が下るぞ!。

    • yuyu
    • 2017年 1月 4日 11:52am

    東京電力の廃炉費用を1部国民負担は、有り得ない事です。原発事故は、ある程度防げた事、免責棟の高台移設等の事前にできる事を目先の経費削減で怠てしまった事を棚上げし、事故が起きたことを想定外で自然のせいにしている事故後自社の経費削減努力も殆どなされないまま、経営陣は、ぬくぬくしているようにみえます。廃炉費用や廃炉期間も確定できない状況下で柏崎の再稼働も考えるなど有り得ない事です.増して、その廃炉費用を国民に負担を回してくるとは余りにも安易で、会ってはならないことだと思います。資産を見直し、経営陣も身を削ろ努力をして一度原発葉事故が起こればこれ絵だけ住民、環境、国土全体に影響があることを自覚し、原発エネルギーを即辞めるならば、その時点で初めて国民に理解を求める事が可能になると思います。是非良心に恥ずかしくない事をして下さい。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。