現実から乖離したエネルギーミックス・・「意見箱」に投稿を!

みなさま

ご存知のように、4月28日の長期エネルギー需給見通し小委員会で、エネルギーミックスの「骨子案」が発表され、5月11日には、発電コスト検証ワーキンググループの報告書も了承されました。

・「長期エネルギー需給見通し小委員会」資料、「発電コスト検証ワーキンググループ」資料。
http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/

自民党内で議論され、その後意見公募「パブリック・コメント」にかけられたのち、決定の見通しと報道されていますが、
現在まだウェブ上の「意見箱」がオープンしています。
⇒長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)に関する意見箱
http://www.enecho.meti.go.jp/notice/topics/031/
ぜひ、ひと言でも意見を出しましょう。

各団体から出されているプレスリリースや声明もご参照ください。

◆原子力市民委員会
「声明:エネルギーミックスは原発ゼロ社会の実現を前提に策定すべき」(2015年4月28日)
http://www.ccnejapan.com/?p=5155

◆自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
「(開催速報)エネルギーミックス緊急集会開催・緊急アピール 」(2015年4月28日)
http://shizen-ene.blog.jp/archives/1025772384.html

◆FoE Japan
「長期エネルギー需給見通しに対する声明原発事故後の実態からかけ離れた議論-民意は原発ゼロ」(2015年4月28日)
http://www.foejapan.org/energy/news/150428.html

◆気候ネットワーク
「意欲のない温室効果ガス削減目標は受け入れられない 原発ゼロで温暖化対策の深掘りをすべき」(2015年4月24日)
http://www.kikonet.org/info/press-release/2015-04-24/2030-energy-mix
あなたも政府に意見を出そう!問題だらけの「エネルギーミックス」と「温室効果ガス削減目標」(2015年5月1日)
http://www.kikonet.org/national/advocacy-national/public-comment-on-energy-mix-and-climate-target

◆WWFジャパン
「再生可能エネルギーの成長抑制は受け入れられない 低すぎる再エネ目標と高すぎる石炭と原子力目標」(2015年4月28日)
http://www.wwf.or.jp/activities/2015/04/1260624.html#02

◆環境エネルギー政策研究所(ISEP)
「『エネルギーミックス』への政策提言『歴史的な流れに従ったエネルギー大転換を』」(2015年4月28日)
http://www.isep.or.jp/library/7557

◆自然エネルギー財団「コメント『少なくとも30%以上の自然エネルギー目標を』」(2015年4月28日)
http://jref.or.jp/activities/reports_20150428.php

◆原子力資料情報室
「声明 世論無視のエネルギーミックス」(2015年4月30日)
http://www.cnic.jp/6422

◆市民電力連絡会
「長期エネルギー需給見通しへの意見」(2015年5月12日)
http://alturl.com/twfzv

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 現実から乖離したエネルギーミックス・・「意見箱」に投稿を!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

    • 日野 徹
    • 2015年 5月 12日 1:26pm

    2014.10現在において全電力会社が再生エネルギーの買取を保留した事実が有ります。保留などの理由がピーク時の電力を上回る可能性とありました。と言うことは電力会社が全て買い取れば可及的速やかにピーク時を上回る電力が産出されるわけで、これが電力のたかが2割とは考えられません。つまりピーク時に限れば100%を超えると電力会社が認めているわけです。少なくとも再生エネルギーだけで50%内外は容易だと考えられます。つまり原発は既に不要ですから、安全のために直ちに廃炉すべきと考えます。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。