【11/13】 エネルギー基本計画見直し―いま問われる民意の反映

——————————————————————–
◆ 11/13 シンポジウム ◆
エネルギー基本計画見直し―いま問われる民意の反映
http://e-shift.org/?p=2830
☆資料をアップしました
——————————————————————–
チラシはこちら 131113_flyer

エネルギー基本計画の見直しが佳境にさしかかっています。
安倍政権は、2012年12月の発足後、前政権時に閣議決定された原発ゼロを目指
すという方針をゼロベースで見直すと表明し、2013年3月から、新しい枠組み
での議論を進めてきました。
経済産業省に設置されている「基本政策分科会」では、委員の多数から原発の
必要性や新増設さえも求める声が相次ぎ、年内にまとめられる予定の計画には、
原子力を重要な電源と位置づける方向性が出されています。

しかし、「革新的エネルギー・環境戦略」に示された原発ゼロ方針は、2011年
からの議論および2012年夏の大々的な「国民的議論」をへて決定されたもので
あり、簡単に覆されてよいものではありません。国の重大事であるエネルギー
政策の決定が、民意の反映への考慮なく進められてよいのでしょうか。

当シンポジウムでは、現状のプロセスの重要な問題点を明らかにするとともに、
目指すべき市民参加によるエネルギー政策決定プロセスのあり方について、脱

原発に向けた課題を示した原子力市民委員会の「原発ゼロ社会への道――新し
い公論形成のための中間報告」にも照らして議論します。

【日時】 2013年11月13日(水) 13:45 ~ 15:45
【会場】 衆議院第二議員会館 第7会議室
【資料代】 500円
(『原発ゼロ社会への道―新しい公論形成のための中間報告』1部含む)

【申込】こちらからお願いします→ http://goo.gl/JeeBJI

*座席数に限りがございますので、必ず事前申し込みをお願いいたします。
(申込多数の場合は、当日参加の方に席をご用意できない場合があります)

*動画中継をする予定ですので、決まり次第URLをウェブサイトにアップして
お伝えします。

【プログラム】
1.2012年「国民的議論」の意味
竹村 英明 氏(エナジーグリーン株式会社、eシフト)  >131113_eshift_Takemura
2.現在の「エネルギー基本計画」議論の論点
飯田 哲也 氏(環境エネルギー政策研究所所長)  >131113_Iida
3.基本問題委員会での議論・現在の基本政策分科会の運営プロセス
伴  英幸 氏(原子力資料情報室共同代表)
4.オルタナティブとしての「原子力市民委員会・中間報告」
舩橋 晴俊 氏(原子力市民委員会座長、法政大学社会学部教授)  >131113_Funabashi

5.質疑応答

※2013年10月25日 eシフト声明 「エネルギー政策見直し:『国民的議論』無視はゆるされない」
http://e-shift.org/?p=2822

【主催】 原子力市民委員会・eシフト
【問合先】 eシフト事務局(FoE Japan内)
T: 03-6907-7217 F: 03-6907-7219  http://e-shift.org

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【11/13】 エネルギー基本計画見直し―いま問われる民意の反映
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. 国会で対案を出せと怒鳴ったりしているのを見ると真にその通り
    私も詳しくはありませんが
    政治の世界で有識者と呼ばれる方々に疑問を感じることがあり
    国民の中の経験者でシュミレーションして問題点を洗い出し
    金額を示し推進派の有識者と話してみては
    推進派の裏の考え方も理解できますが
    政治家として世界に向け大きい決断を日本人がすべき時である

  2. 国会で対案を出せと怒鳴ったりしているのを見ると真にその通り
    私も詳しくはありませんが
    政治の世界で有識者と呼ばれる方々に疑問を感じることがあり
    国民の中で経験者でシュミレーションして問題点を洗い出し
    金額を示し推進派の有識者と話してみては

  1. 2013年 12月 12日
コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。