【eシフト声明】 原子力規制委員会の同意人事に関する緊急アピール

   原子力規制委員会の同意人事に関する緊急アピール

                                 平成24年6月21日
エネシフジャパン有志/サステナ/虔十の会
e シフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)

>PDFはこちら  120621_緊急アピール

独立性の高い原子力規制委員会の同意人事に関して、東京電力福島第一原発事故の経験を踏まえ、すべての国会議員に、次のことを要請する。

①民主党・自民党・公明党の談合で国会同意人事を決めることなく、委員の適正や選定経過を国民が理解できるように、国会の公開の場で原子力規制委員会の委員としての適性を審議し、しかる後に決める手続きをとること。

②原発の安全性よりも電力の供給や電力会社の経営維持を重視する原発促進の人物を選ばないこと

(趣旨)
☆原子力規制委員会法が平成24年6月20日に成立した。この法律は、政府からの独立性の高い原子力規制委員会を設置することとなっている。原子力規制委員会は平成24年8月中にも発足する見通しとなっており、原子力規制委員会の5人の国会同意人事は、9月8日まで延長される今国会で同意人事が行われる。

☆原子力規制委員会では、原発の再稼働の審査に加え、原子炉の40年廃炉方針や、大飯原発で示された「安全性」に加え「原発による電力の必要性」を考慮する方針などを、再び審議することとなっている。

☆原子力規制委員会は、政府からの独立性の高い委員会であるがゆえに、原子力規制委員会の委員を原発推進勢力で固められてしまえば、「独立性・専門性の壁」に阻まれて国民の声が通らなくなるおそれがある。

☆原子力規制委員会の同意人事は、東京電力福島第一原発事故で露呈した政治・官僚・企業・学界・マスメディアの原子力ムラ・ペンタゴンの癒着構造を解体し、崩壊した国民の信頼を回復することができるかどうかの試金石である。

☆しかしながら、今国会は、「国会での議論による決める政治」ではなく、「民主党・自民党・公明党の三党の談合による決める政治」の傾向が顕著である。国会は議論の場ではなく、承認手続きの場となっており、民主主義の「正統性」は失われていることを懸念せざるを得ない。また、昨年末から今年初めにかけての「再生可能エネルギー促進法」の「調達価格等算定委員会」の委員の国会同意人事では、民主党・自民党・公明党の三党の談合による再生可能エネルギー促進に消極的な人物が過半数を占める案を強行しようとした前歴がある。その愚を繰り返してはならない。

☆原子力規制委員会人事は、国民に対して透明性ある手続きで、かつ、東京電力福島第一原発事故の教訓に学ぶことができる人物でなければならない。

※eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)には、以下の団体が参加しています
 国際環境NGO FoE Japan/環境エネルギー政策研究所(ISEP)/原子力資料情報室(CNIC)/福島老朽原発を考える会(フクロウの会)/大地を守る会/NPO法人日本針路研究所/日本環境法律家連盟(JELF)/「環境・持続社会」研究センター(JACSES)/インドネシア民主化支援ネットワーク/環境市民/特定非営利活動法人APLA/原発廃炉で未来をひらこう会/気候ネットワーク/高木仁三郎市民科学基金/原水爆禁止日本国民会議(原水禁)/水源開発問題全国連絡会(水源連)/グリーン・アクション/みどりの未来/自然エネルギー推進市民フォーラム/市民科学研究室/国際環境NGOグリーンピース・ジャパン/ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン/フリーター全般労働組合/ピープルズプラン研究所/ふぇみん婦人民主クラブ/No! Nukes More Hearts/A SEED JAPAN/ナマケモノ倶楽部/ピースボート/WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)/GAIAみみをすます書店/東京・生活者ネットワーク/エコロ・ジャパン・インターナショナル/メコン・ウォッチ/R水素ネットワーク/東京平和映画祭/環境文明21/地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)/ワーカーズコープ エコテック/日本ソーラーエネ ルギー教育協会/THE ATOMIC CAFÉ/持続可能な地域交通を考える会 (SLTc)/環境まちづくりNPOエコメッセ/福島原発事故緊急会議/川崎フューチャー・ネットワーク/地球の子ども新聞/東アジア環境情報発伝所/Shut泊/足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ/足元から地球温暖化を考える市民ネットたてばやし/東日本大震災被災者支援千葉西部ネットワーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【eシフト声明】 原子力規制委員会の同意人事に関する緊急アピール
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. はじめましてこんにちは。原子力発電の再稼動について皆様に私なりの考えを聞いていただき、反対の方もきっと多いと思いますが、反対でもかまいませんのでご意見を聞かせてください。私のコメントの表現に少々、きついところがあるのは、ご容赦ください。
    もしだれかを傷つけてしまったとしたら本意ではありません。そういう性格かもしれません。
    以前他で書いた内容ですが、多くの日本人は今「恐怖心のコントロール」が出来ておりません。普段、仕事や日常生活のなかできちんと物事を判断できている方々でも、恐怖心にとりつかれて、判断のバランスを崩し、結果偏った決断を強行する傾向があります。
    本来、女性はリスクのコントロールが、男性より上手な場合が多いです。例えば、株取引、FXなどにおいても、根拠不明の自信から出発してよく失敗する男性が多いのですが、女性の場合、目に見える数字のみを追求する姿勢、感度の良さから優秀なトレーダーになる女性が多くいます。しかしながら、どうでしょうか、あくまでもその方がお金持ちで、少々の損ならあくまで後から取り返せるという安心感で取引する場合、巨額の資金とはいえあくまで組織の資金であり、個人として責任はなく、あくまで会社員として自身の能力を発揮する場合。いずれも、判断力のバランスがよく、能力と情報力、資金と少々の運があれば成功しやすいと思います。
    しかしこれが、1、2回の取引で、自身の生命や財産の全て、なにより愛する家族の安全が左右されるとしたらどうでしょうか?
    正直、1歩も身動きが取れず、まったく判断できなくなると思います。
    そして、原発を全て廃止せよとの強硬意見に傾く。
    こういう方に説明しようとしてもうまくいかないことが多いのですが、客観的なデータだけではだめだと思っています。また賛成と反対でなかなか、意見を交換できる箇所が見つからないものでして。不愉快な思いをさせたら申し訳ありません。
    私としては、ひとまず再稼働し、経済的に無理にない範囲内で少しずつ自然エネルギーを推進するべきと思っています。私もこの件で大した知識も持ち合わせていませんが、ツイッターなどを利用しての拡散は極端になりやすく、政治的に新しい価値があるものですが、ただ量が多ければ正確というものでもありません。
    もしこれが、反朝鮮、反中国問題だったとしたらどうでしょうか?自分たちがなにもやっているのか考えて賢明なご判断をなさってください。
    相対的に考えてください。自然エネルギーのみ、原発のみという議論では経済は成り立ちません。
    経済よりも命がどうのでは、世の中を納得させ、現実に反映させることはできません。
    まずは落ち着き、少しずつでも推進できるように、ご自身の意見が現実に反映できるように、がんばってみてください。安全な生活を追求したいのは私も皆様と同様です。
    もうすぐ再稼働しますが、今回の反省を活かし、より良い未来が開けることを願っています。
    お互いに意見は違いますが、がんばりましょう。http://www.facebook.com/kurokawabs

  1. トラックバックはまだありません。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。