【緊急報告】泊3号・原子力安全委員会の二重チェックはまやかしだ!

8/11日の午前中の政府交渉、午後からの原子力安全委員会で、泊3号をめぐるあきれた実態が次々に明らかになりました。ご参加されたみなさま、本当にお疲れ様でした。こんないいかげんな手続きで、泊3号の再開を許してはならないとあらためて感じました。原子力安全委員会の審議はたったの15分。お手軽審議に唖然とした、怒れる傍聴者からの抗議の声で大荒れでした。全国から「こんなチェック体制はまやかしだ」と声を上げて、北海道の泉さん(注:Shut泊)たちを支援しましょう。下記、緊急報告をお送りします。
(文責:満田夏花)

********************************************************
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)、国際環境NGO FoE Japan の3団体は、8/11の午前11時から行われた泊3号本格運転再開をめぐる政府交渉、および、同日14時から行われた原子力安全委員会の臨時会議を踏まえ、以下の緊急報告を発出しました。
********************************************************

2011年8月11日

緊急報告:原子力安全委員会の二重チェックは嘘だった
「保安院が報告させてくれ」と言ったから議題にのせただけ
~泊3号の営業運転再開は認められない~
————————————————————–
本日、泊3号の営業運転再開をめぐる政府交渉が開かれました。

交渉の席上、原子力安全委員会は、泊3号の営業運転再開に関して保安院と安全委員会による二重チェックが行われるとされていることに関して、「原子力安全委員会は、法的に、判断する立場にはない」と発言しました。

14時から開催された安全委員会においては、泊3号については、保安院からの総合負荷性能検査について15分ほどの説明が行われ、その後、10分程度、簡単な質疑が行われただけでした。5名の委員のうち、一言も発言しない委員もありました。斑目委員長は、「泊3号の安全性、定期検査については、保安院がしっかりとやるものです。今日の議題にあげたのは保安院が報告したいからと言ったからです」と述べました。傍聴人からは、「安全委員会は、きちんと審議して見解を述べるべき」「二重チェックではない」「こんなお手軽な会議で、泊を動かしてよいのか」「道民はこれでは納得できない」などの怒りの声があがりました。3時頃、委員長が休憩と宣言し、3時40分ごろに再び委員長が登場し、「今日はこれで閉会とします」と述べて閉会となりました。

その他、本日の政府交渉により、以下が明らかになりました。
・7月8日、保安院は、泊3号の最終検査を受けるよう北海道電力を指導した。このことは、経産省の緊急安全対策だけでは「十分な理解が得られているとは言い難い状況にある」との政府見解と食い違うものである。

・調整運転を行っているにしろ、定期検査中である泊3号は、他の定期検査で停止中の原発と同じであるのにもかかわらず、泊3号だけは、通常の定期検査のみで他の停止中の原発よりもはるかに軽い条件で運転再開をするのはなぜかという質問に、保安院は明確な答えを示さなかった。

・原子力安全保安院は、「北海道の了承なしに、泊3号を動かすことはない」と発言した。

市民側は、「北海道の市民に説明会を開くこと」「原子力安全委員会の冒頭に、原子力安全委員会の議論は、“チェック”ではないことを委員長が明確に述べること」「泊3号を停止させること。本格運転再開を認めるべきではないこと」を要請しました。

このような状況の中で、泊3号の本格運転の再開など、許されるものではありません。

以上

福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
国際環境NGO FoE Japan

 

********************************************************
こんなんでいいのか! 泊3号・原子力安全委員会の二重チェックはまやかしだ!みんなで菅さん・高橋知事に伝えよう!

http://goo.gl/fgdmB

http://goo.gl/WCTkv

********************************************************

以下、要請先;

◆菅直人首相
[国会事務所](FAX) 03-3595-0090 (TEL) 03-3508-7323
[首相官邸] (TEL) 03-3581-0101 (意見を伝えることができます)
[ご意見募集] https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
[官邸災害ツイッター] @Kantei_Saigai

◆高橋はるみ北海道知事
(FAX) 011-232-0162
011-232-5949
(ツイッター) @haruchan_t

◇北海道庁・原子力安全対策課
(FAX) 011-232-1101 (TEL) 011-204-5011
(E-mail) somu.genshi1@pref.hokkaido.lg.jp

◇海江田万里経産相
・国会事務所
(FAX) 03-3508-3316  (TEL) 03-3508-7316
(E-mail) office@kaiedabanri.jp

◇枝野幸男官房長官
・国会事務所
(FAX) 03-3591-2249 (TEL) 03-3508-7448

◇細野豪志原発担当相
・国会事務所
(FAX) 03-3508-3416  (TEL) 03-3508-7116

◇経済産業省
・原子力発電立地対策広報室
(FAX) 03-3580-8493  (TEL) 03-3501-1511

◇原子力安全・保安院
・原子力安全広報課
(TEL) 03-3501-5890

◇原子力安全委員会
(FAX) 03-3581-9835 (「原子力安全意見・質問箱」あて)
[意見・質問記入用紙]
http://www.nsc.go.jp/toi/fax,yuuso-form.pdf
(TEL) 03-3581-9919

◇北海道電力株式会社 代表取締役社長 佐藤佳孝
(FAX) 011-210-9586
〒060-8677 北海道札幌市中央区大通東1丁目2番地

※要請のポイント、ひな型などはこちらをご参照ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【緊急報告】泊3号・原子力安全委員会の二重チェックはまやかしだ!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. What a pleasant YouTube video it is! Remarkable, I loved it, and I am sharing this YouTube record with all my mates.

  1. トラックバックはまだありません。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。