『子供に「年20ミリシーベルト」の非人道性』=「放射線管理区域」の6倍に相当する被曝を強要 [2011/04/21日(木) 対政府交渉]

子供に「年20ミリシーベルト」の非人道性=「放射線管理区域」の6倍に相当する被曝を強要 [2011年04月21日(木)]

本日4/21木曜日、「文科省・原子力安全委員会vs.NGOの交渉」に参加してきました。これは、フクロウの会・福島みずほ事務所の主催の会合で、‘美浜の会’・‘フクロウの会’・‘グリーンアクション’が、それ以前に提出した質問書に基づくものでした。会合では、19日に文科省が発出した「20ミリシーベルト」だったら校庭で遊ばせても大丈夫という点に集中したやりとりが行われました。

子供に対して、きわめて高い20ミリシーベルトという基準を強要する、この無
責任極まりない国の方針は、きわめてずさんなプロセスで決められたようです。

なんとかこの20ミリシーベルトを覆すために、みなさんもぜひ、文科省などに
怒りの声をお寄せください。下記、簡単に会合のポイントを記します。

 

(背景)
・4/19、文科省は「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」を発表、福島県教育委員会や県などに通知。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305174.htm

(ポイント)
・福島県内の小中学校などの汚染レベルが放射線管理区域以上(0.6マイクロシーベルト/時以上)となっている学校が、現在75%以上。「放射線管理区域」:労働基準法で18歳未満の作業を禁止している。

参考:「福島県放射線モニタリング小・中学校等実施結果」の集計
http://www.foejapan.org/infomation/news/110413_sakagami3.pdf

・年20ミリシーベルトは、3.8マイクロシーベルト/時に該当し、この「放射線
管理区域」の0.6マイクロシーベルトの約6倍に相当する。
・年20ミリシーベルトとは、原発労働者が白血病を発症し労働認定を受けている
線量に匹敵する。
・文科省HPによれば、ICRPの「事故収束後の基準」の1~20mSvを採用。20ミリ
シーベルトはこの最大値。
・この基準は、子供の感受性を考慮にいれていない。
・この20ミリシーベルト基準適用にあたっては内部被曝を考慮していない。
・すでに各学校では、文科省の通達をうけた県教育委員会からの指示で、子供を校庭で遊ばせている。

(本日の会合での文科省・原子力安全委員会の答弁)
・文科省:「放射線管理区域」の基準を上回るという事実は認識せず(というか、担当者はそもそも「放射線管理区域」の基準を知らない)このような議論が行われたかも知らない。
・原子力安全委員会:原子力安全委員会は14時頃に文科省からの「20ミリシーベルトでいいか?」という連絡をうけ、16時頃に「よい」と返答した。この間、会議は開催していない。委員会内でどのような協議をしたかは不明。議事録もあるかも不明。
・文科省:20ミリシーベルトの根拠は、ICRPの「事故収束後の基準」(1~20ミリシーベルト)と「事故継続等の緊急時の状況における基準」(20~100ミリシーベルト)の中間。→これはHPの記述と異なります。
・文科省:内部被曝は考慮せず。あるシミュレーションをもとに、内部被曝を考慮しなくてもよいという結論に至る。そのシミュレーションの詳細については承知していない。子供にも大人と同じ基準を用いているかといわれれば、そのとおり。

(NGO側要求)
・20ミリシーベルト決定のプロセスをすべて明らかにすること。
・根拠を明らかにすること。これらすべてについて文書で回答すること
・内部被曝を考慮しなかった根拠としなっているシミュレーションとは何か明らかにすること。
・子供であることを考慮しなかった理由を明らかにすること。
・測定は、福島県の市民と相談しながら行うこと。
・年20ミリシーベルトという基準を撤回すること。
(詳しくは下記の「美浜の会のページ」参照)
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/mext_neg20110421.htm

ぜひ、みなさまも政府に抗議してください!

USTREAMで中継録画見れます。

(第一部)http://www.ustream.tv/recorded/14169488

(第二部)http://www.ustream.tv/recorded/14170225

 

※抗議先

首相官邸:https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
文部科学省:https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry09/
文科省スポーツ・青少年局学校健康教育課03-5253-4111

(文責:満田夏花)

 

※参考
【フクロウの会ブログ】
原発震災復興・福島会議の進言書に、福島のお母さんたちの悲痛な声が多くよせられています。
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/04/svh-652a.html

【FoE等主催の緊急セミナー報告】
「原発震災から子供たちを守れ」(4月13日開催)
http://www.foejapan.org/infomation/news/evt_110413.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『子供に「年20ミリシーベルト」の非人道性』=「放射線管理区域」の6倍に相当する被曝を強要 [2011/04/21日(木) 対政府交渉]
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. Thanks for another informative website. The place else may just I get that type of info written in such an ideal means? I’ve a project that I’m just now working on, and I have been on the glance out for such info.

  2. Have you ever considered about including a little bit more than just your articles? I mean, what you say is valuable and all. Nevertheless just imagine if you added some great graphics or videos to give your posts more, “pop”! Your content is excellent but with pics and clips, this blog could undeniably be one of the most beneficial in its field. Awesome blog!

    • 山中孝明
    • 2011年 5月 4日 11:43am

    おやおや、私のコメントが削除されましたね。
    賛同するコメントのみ残して、批判はすべて削除ですか。
    もう一度書きますが、あなた達のしている捏造行為は社会的に許されることではありません。

    • 鈴木 淙晴
    • 2011年 4月 25日 6:09pm

    子供に被曝させてその影響のデータをとるつもりなんでしょ。
    何故なら、原爆のデータは持ってるけど、原発のデータはないから。持続して被曝する方が影響が大きい様な気がする。

  3. 署名しました。
    ブログにリンクさせてもらました。問題あるようでしたらリンク外しますのでご一報下さい。

    • 匿名
    • 2011年 4月 25日 2:05pm

    相当以前は、総合病院の一フロアに数名の癌患者さんがいらしただけですが、いまや過半数~90%は癌患者、国民の50%は癌を罹患する時代になっているのはご承知のとおりです。それだけ放射能をはじめとして、様々な化学物質の大気、土壌汚染が進み今日のような状況になったと思います。
    このような状況で(50%も罹患する状況で)どのように安全、非安全の閾値を出したのか、多分、政府にも論理的に説明がつかぬことだと思いますが、その基準をもとに子供の外出、漁業、農業の可否が決められるため、閾値を出さざるを得ない状況であることも事実です。
    かくなる上は、正直にその根拠は希薄ではあるが、とりあえず、これを基準として遣って欲しいと政府が頭を下げるしかないと思いますが。

    • 村松わかな
    • 2011年 4月 25日 10:46am

    今わたしは日本が信じられません。
    信じられるのは、仲間だけです。

  4. 「緊急声明と要請:子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求」活動ありがとうございます。何らかのアクションをと考えていたので、便乗させてもらいます。

    ご存知かもしれませんが、
    原発事故直前に、取材されたチェルノブイリの放射能汚染の危険性を指摘した
    最新のビデオで、
    「チェルノブイリ~大惨事の環境と人々へのその後の影響」
    (NY科学学会によって発行)の著者をインタビューしたものです。

    英語のビデオおよびHPです。日本語に翻訳されています。
    (信頼できる翻訳です)

    インタビュー元の団体
    http://www.envirovideo.com/
    (インタビューアーも信頼できる方のようです)

    Eniviro Video
    「チェルノブイリに被害者は100万人」
    (Chernobyl: A Million Casualties)

    英語ですが日本語の字幕つき 
    http://www.universalsubtitles.org/en/videos/zzyKyq4iiV3r/
    (日本語訳テキスト付いています)

    <重要内容>
    WHOはIAEAと協定を結んでおり(1959年に結ばれた協定)
    一方がもう一方の承諾を得ることなしに
    調査書を発表することを禁じています。

    <Book>
    「チェルノブイリ~大惨事の環境と人々へのその後の影響」
    NY科学学会によって発行

    本の入手先メールtoxdoc.js@verizon.net」

    • Chikage Carter
    • 2011年 4月 23日 4:26pm

    日本政府の無責任さには、言葉を失います。
    原発事故後、早い段階での福島県の子供達、
    せめて小中学生以下の子供達の疎開を提案しておりました。
    今より一月前でしたので、まだまだ政府のミスリードのより多くの国民の方々は、深刻には、受け止めていらっしゃらずに四面楚歌の状態でしたが、思いを同じくする方々も増えて参りました。
    只今私達は日本ユニセフに子供条約に反する日本政府に対して、
    学童疎開を提言していただきたい旨、お伝えしております。
    一人の力では困難な事でも気持ちを同じくしております人々によって
    福島県の子供達が少しでも早く、現状からの脱却ができれば、と思っております。

    そちらの皆様もどうぞ日本ユニセフの方にも学童疎開の件での嘆願で御協力願えればと思っております。
    私達は、InterEdu と云うサイトにて、呼び掛けあっております。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。