カテゴリー : 声をあげよう

【要請提出】玄海原発4号:地元住民を無視した運転再開の強行に抗議

玄海原発4号機の運転再開について、11月2日に提出した要請書に、
提出団体:160団体
賛同署名:15,457筆
のご賛同が集まり、改めて提出いたしました(2011年11月4日9:00締切)。
ご署名・ご協力ありがとうございました。

PDFはこちら

続きを読む

【院内集会】今すぐ脱原発!~「運転再開をすべきでない」4つの理由

【11/2院内集会】 今すぐ脱原発!~「運転再開をすべきでない」4つの理由
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
エネルギー政策見直し議論の中で、「運転再開をしなければ電力不足、電気料金が上がる」として、運転再開を前提とする方針が固められつつあります。
経済産業省も野田首相も、「地元の理解を得て」再稼動を進めていく、としています。しかし福島原発事故が起きて以来、規制行政の体制も、安全指針も、原子力安全確保の前提は根底から崩れています。
人々の生活、健康、社会、環境、地域、経済、あらゆる側面で長期にわたる原発事故被害を、当事国として体験している日本で、今、原発の運転再開を議論できる状況ではありません。
本集会では、今すぐ脱原発が自明である4つの理由について整理し、特にストレステスト結果提出第一号の大飯三号機への対応等について、具体的に議論を行います。 続きを読む

【署名】渡利の子どもたちを守るために(10/27まで!)

福島市・渡利では、原発事故以来放射線量が高い状況が続いていますが、住民流出や経済の縮小を恐れる行政の思惑もあり、避難区域設定が見送られています。
一方、高濃度の土壌汚染も明らかになってきており、子どもや妊婦などへの影響が懸念されます。
渡利の問題は、日本の問題です。
全国から、署名に参加してください! 二次締め切りは10月27日(木)16:00です。みんなで渡利の子どもたちを守りましょう!!
————————————————————–
渡利の子どもたちを放射能から守るために
渡利周辺の特定避難勧奨指定及び賠償に関する要望書
http://goo.gl/f1SKd
署名フォームはこちら
https://pro.form-mailer.jp/fms/e5e429dd22617 続きを読む

「再稼働させない!(11月&12月)11アクション」(仮)第1回相談会

「再稼働させない!(11月&12月)11アクション」(仮)第1回相談会にぜひご参加ください!
【日時】 10月2日(日)  午後6時30分より 
【場所】 ピープルズ・プラン研究所にて
    <アクセス/江戸川橋駅徒歩7分、TEL:03-6424-5748>
    http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5

続きを読む

【緊急国際署名】日本政府は原発輸出推進政策を即刻止め、世界の脱原発をリードしてください

福島第一原発事故がいまだに収束せず、放射能被害の拡大により、多くの人々が苦難を強いられている中で、政府は原発輸出推進政策を改めていません。

原発輸出ではなく、日本政府が世界の脱原発においてリーダーシップを発揮することを求める署名です。皆さんのご協力をよろしくお願い致します。

署名本文・オンライン署名はこちらから http://www.foejapan.org/energy/news/110831.html

英語版はこちらから(For English) http://www.foejapan.org/en/news/110831.html

●要請● 私たちは日本政府に以下を要請します。

1. 原発輸出推進政策を即刻止めること

2. 現在ある原発輸出計画を白紙にすること

3. 世界の脱原発の実現のためのリーダーシップを発揮すること

●呼びかけ団体● 国際環境NGO FoE Japan、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、インドネシア民主化支援ネットワーク、高木仁三郎市民科学基金、メコン・ウォッチ、原子力資料情報室、グリーン・アクション、eシフト 

●第一次締切● 2011年9月9日

【9月アクション】 9.11-19脱原発アクションウィーク!

9月11日は、福島原発震災の発生から半年。
今なお大地や大気や海への放射能の放出は続き、人や動物や自然を傷つけています。特に、子どもたちや原発労働者の被ばくは深刻です。原発安全審査指針の破綻が明らかになっている今、福島原発事故の実態を無視したストレステストによって、停止中の原発の再稼動をすべきではありません。原発の再稼働を止めれば、来春にはすべての原発が止まります。
今こそ、福島原発事故の現実と向き合い、エネルギー浪費を見直し、自然エネルギーへの転換を全力で進めるときです。
9月11日~19日は脱原発アクションウィーク。全国から声をあげましょう!
各地で集会、デモやパレード、講演会、上映会やセミナー、チラシまきなど、さまざまなアクションに取り組みませんか。
原発なしでも大丈夫!  再稼働を止めて、脱原発へ! 続きを読む

ツイッターで泊を止めよう! 泊3号・道議会議長、地元町長などにファックスを!

【北海道議会 特別委員会委員長にファックスを!】
※Shut泊の泉さんからの最新情報です。エネルギー特別委員会のみで最終決定はおかしいという意見が続出、急遽、17日に道議会本会議をやるようです。みなさま、北海道議会議員に、泊3号再開について意見を送ってください!

北海道議会の議員のページは下記のとおりです。
http://www.gikai.pref.hokkaido.lg.jp/meibo/29giinmeiboitiran.html

下記のサイトに道議会議員のメールアドレスが掲載されていました。
http://blogs.dion.ne.jp/peace_tokai/

 ○北海道議会議長
 喜多 龍一(きた りゅういち)
 自民党・道民会議 十勝総合振興局選出 
 喜多龍一十勝連合後援会事務所/電話/(0155)56-7755 FAX(0155)56-7766
ブログ:http://www.kitaryu.com/wp/?cat=1
 ツイッターしているようです。
 http://mobile.twitter.com/kitaryuuiti

※8月16日、北海道議会 エネルギー問題調査特別委員会で
 泊3号の運転再開が議論され、知事はその後に再開を了承しようとしています。
委員長・副委員長に泊3号の本格運転を認めないよう、FAXしましょう。

○斉藤博議員 特別委員会委員長
 北海道議会 民主党政策審議会室 FAX. 011-232-1847
○副委員長 高木宏壽  議会TEL 011-231-4111
 事務所 FAX:011-852-0221  TEL:011-852-4764

特別委員会の委員一覧は下記の2頁目にあります。
http://www.gikai.pref.hokkaido.lg.jp/_/iinkai/grp/29zenkimeibo-29-1.pdf
議員名簿は http://www.gikai.pref.hokkaido.lg.jp/meibo/29giinmeiboitiran.html

ポイント:
○原子力安全委員会の「二重チェック」は、まやかし。審議時間たったの15分で、保安院の説明をきくだけ。
○泊3号だけ、本格運転再開にあたって、特別扱い。福島事故の教訓は、何一つ反映されていない。
○設置許可の前提となっている安全審査指針があやまりだったことは、原子力安全委員会、保安院も認めている。
○近隣の日本海に活断層があるという指摘がある。住民は、大きなリスクにさらされる。
○万が一、事故が生じた時、泊原発の周辺の北東部の住民は逃げ場を失い、見捨てられた状態になる可能性がある
○少なくとも、住民には説明会が開かれるべき。

【地元町長などにファックスを!】
原子力安全委員会のあきれた「お手軽審議」が明らかになっているのにもかかわらず、泊3号の本格運転再開が強行されようとしています。福島原発事故の教訓は、何一つ反映されていません。
鍵を握っているのは地元の自治体です。
みなさん、短いものでいいので、地元自治体にもファックスなどで呼びかけて下さい。
たとえば、安全委員会の「お手軽審議」の状況を伝え、住民向けの説明会開催を要求してください。また、原発から北東部の住民は、事故がおこった場合逃げ場を失うという報道もありました。
北海道に知り合いのいる方は、ぜひ、この情報を北海道方面に拡散してください

余市町長 嶋 保 様
余市町役場 http://www.town.yoichi.hokkaido.jp/
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
TEL 0135-21-2111 FAX 0135-21-2144
info@town.yoichi.hokkaido.jp

倶知安町長 福島世二 様
倶知安町役場 http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/index.jsp
〒044-0001 北海道虻田郡倶知安町北1条東3丁目3番地
TEL:0136-22-1121 FAX:0136-23-2044
E-mail : infotown.kutchan.lg.jp

ニセコ町長 片山健也 様
ニセコ町役場 http://www.town.niseko.lg.jp/inquiry/
 片山健也町長と町のツイッターあり
〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL:0136-44-2121 FAX:0136-44-3500

黒松内町町長 若見雅明様
黒松内町役場  http://www.kuromatsunai.com/
〒048-0101 北海道寿都郡黒松内町字黒松内302番地1
Tel:0136-72-3311 Fax:0136-72-3316
buna@town.kuromatsunai.hokkaido.jp

蘭越町長 宮谷内留雄 様
蘭越町役場 http://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/
〒048-1392 北海道磯谷郡蘭越町蘭越町258番地5 
TEL 0136-57-5111(代) FAX 0136-57-5112

★泊原発から半径10キロ圏内の4町村(道が意向確認中)などへの要請メールあて先

牧野浩臣・泊村村長
kikaku@ad.vill.tomari.hokkaido.jp
山本栄三・共和町町長
kw.soumu@soleil.ocn.ne.jp
上岡雄司・岩内町町長
〒045-8555 北海道岩内郡岩内町字清住258番地
TEL:0135-62-1011 FAX:0135-62-3465
http://www.town.iwanai.hokkaido.jp/mail.shtml
高橋昌幸・神恵内村村長
c-kamoenai@vill.kamoenai.hokkaido.jp
上田文雄・札幌市長(泊原発プルサーマルにも反対表明)
http://www.city.sapporo.jp/city/mayor/mail/index.html

ポイント:
原子力安全委員会の「二重チェック」は、まやかし。審議時間たったの15分で、保安院の説明をきくだけ。
○泊3号だけ、本格運転再開にあたって、特別扱い。福島事故の教訓は、何一つ反映されていない
設置許可の前提となっている安全審査指針があやまりだったことは、原子力安全委員会、保安院も認めている。
○近隣の日本海に活断層があるという指摘がある。住民は、大きなリスクにさらされる。
○万が一、事故が生じた時、泊原発の周辺の北東部の住民は逃げ場を失い、見捨てられた状態になる可能性がある
○少なくとも、住民には説明会が開かれるべき。

文例の参考(美浜の会の手紙)
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/tomari_letter20110812.pdf

————————————————————
ツイッターで泊をとめよう!
みんなで、地元自治体に呼びかけよう! ファックスを送ろう!!
「原子力安全委員会の二重チェックはまやかしです」
~泊3号の営業運転再開は認められない~
http://goo.gl/fgdmB
※安全委員会、呆れたお手軽審議のUstはこちら
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1195
————————————————————
◇官邸ツイッターは @Kantei_Saigai
◇高橋はるみ北海道知事
(FAX) 011-232-0162  tel  011-231-4111 (北海道庁)
高橋はるみ知事のツイッターアカウント@haruchan_t

(満田夏花)

【緊急報告】泊3号・原子力安全委員会の二重チェックはまやかしだ!

8/11日の午前中の政府交渉、午後からの原子力安全委員会で、泊3号をめぐるあきれた実態が次々に明らかになりました。ご参加されたみなさま、本当にお疲れ様でした。こんないいかげんな手続きで、泊3号の再開を許してはならないとあらためて感じました。原子力安全委員会の審議はたったの15分。お手軽審議に唖然とした、怒れる傍聴者からの抗議の声で大荒れでした。全国から「こんなチェック体制はまやかしだ」と声を上げて、北海道の泉さん(注:Shut泊)たちを支援しましょう。下記、緊急報告をお送りします。
(文責:満田夏花) 続きを読む

【アクション】北海道・泊原発3号機の営業運転再開を認めないよう緊急に要請を!

政府、経産省は、泊原発3号機について「再稼働には当たらない」と解釈したうえで、安全委員会の評価を加えた「二重チェック」の体裁を整えることで、営業運転の再開を強行しようとしています。
[転送・転載歓迎]
文責:杉原浩司(eシフト/福島原発事故緊急会議/みどりの未来)
続きを読む

【アクション】8・12東電前行動「自主避難にも賠償を!」

======================================
8・12 15:30~16:30 東電前行動
「自主避難にも賠償を!」
東京電力に請求書を届けて「避難の権利」を実現しよう!!
======================================

「原発事故さえなければ、故郷を離れることもなく、こんな思いをすることもなかった」。

水素爆発の直後、いつ次の爆発がくるかわからない状況下で、自宅の中ですら1マイクロシーベルトを超える状況下で・・・。自分と家族、とりわけ子どもたちを守るために自主避難に踏み切った人がたくさんいます。それ以上に、避難したいが、経済的な困難で避難に踏み切れない人がたくさんいます。 続きを読む