カテゴリー : その他

【緊急開催】話そう選挙のこと、語ろうこれからの日本のこと

♪ ~ ♭ ~ ♯ ~♪ ~♯ ~♭ ~ ♯ ~♭ ~♪

【緊急開催】話そう選挙のこと、語ろうこれからの日本のこと
おしゃべり楽座 NO NUKES
≪選挙編≫  2015年1月5日
♪ ~ ♭ ~ ♯ ~♪ ~♯ ~♭ ~ ♯ ~♭ ~♪

「ねえねえ、知ってる?
安倍政権は戦争をしようとしているのが見え見えなのに、
国民の多くが与党を勝たせたんだって」

「えー、私は戦争も原発も怖いから反対してたのに。
じゃあどうしたらいいの?」
続きを読む

9/20「自民党にも脱原発派!河野太郎氏・秋本真利氏大いに語る」

——————————————————————————
9/20「自民党にも脱原発派!河野太郎氏・秋本真利氏大いに語る」
当イベントは、事情によりゲストの出席がかなわなくなったため、中止となりました。誠に申し訳ございません。

http://e-shift.org/?p=3095

——————————————————————————
2011 年3 月11 日に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故から3 年が経過しました。
しかし、事故の収束はおろか、汚染水の垂れ流し等深刻な状態が続いています。このような状況にも関わらず、安倍自民党政権は、福島原発事故による福島県民の悲惨な状況には目もくれず再稼働一辺倒です。

再稼働反対の取り組みは全国的に行われていますが、さらに大きなうねりとなるよう、政権与党である自民党のなかで、「脱原発」を明確に発信しているお2人に国のエネルギー政策の展望、廃炉への道すじについて大いに語っていただきます。

【日時】 2014年9月20日(土)18:30~21:00(開場18:15)
【場所】 千葉市文化センター5階セミナー室
(千葉市中央区中央2-5-1)
JR総武線「千葉駅」、京成千葉線「千葉中央駅」より徒歩10分
http://www.f-cp.jp/bunka/access-location/access.html

【予約申込先】 永野勇  (お名前・ふりがな・電話番号 をそえてお申し込みください)
携帯:090-2553-2587    FAX:0436-98-5858
メー ル:i_nagano@dreamcar.co.jp

【参加費】 無料

【主 催】 9・20講演会実行委員会 ちらしはこちら→http://urx.nu/azOH

7/31 地球温暖化のために原発再稼働!? ~原子力ムラのウソをあばく

———————————————————————-
7/31 地球温暖化のために原発再稼働!? ~原子力ムラのウソをあばく

http://e-shift.org/?p=3050

日時: 2014年7月31日(木)18:30~21:00
場所: ウィメンズプラザ・視聴覚室(東京・表参道)
———————————————————————-}

※資料をアップしました!
山崎 久隆氏  >140731_Yamasaki
明日香 寿川氏  >140731_Asuka 140731_Asuka2
平田 仁子氏  >140731_Hirata

>ちらし(カラー) 140731_flyer_4c
>ちらし(モノクロ)  140731_flyer_bw

原発維持が書き込まれたエネルギー基本計画。原発が動かなくても電力供給には支障がないことが明らかになった今、日本政府や経団連は、温暖化対策を原発再稼働の理由として戦略的に利用しようとしています。

しかし、そもそも日本政府や経団連は、福島原発事故が起きる前でも、本気で温暖化対策に取り組んでは来ませんでした。そればかりか、現在、原発事故を良い理由に、石炭火力発電所の新設や公的支援による輸出も行おうとしています。完全に世界の流れには逆行していて、温暖化対策を語る資格が全くないのが日本政府や経団連です。

温暖化政策の基本は、省エネと再生可能エネルギーへのシフトを進めること。それにブレーキをかける日本政府や経団連が「温暖化対策のために原発再稼動」を叫ぶ許しがたい現状、それでもだまされる多くの国民・・・。本シンポジウムでは、これらの誤解や矛盾を明らかにします。
【日時】 2014年7月31日(木)18:30~21:00
【場所】 ウィメンズプラザ・視聴覚室(東京・表参道)

http://www.pbls.or.jp/event/map_tokyo-womens-plaza.html

【プログラム(予定)】
1.再稼働に利用される「地球温暖化」
山崎久隆氏(たんぽぽ舎副代表)

2.原発は温暖化対策の答えではない
明日香壽川氏(東北大学教授)
・IPCC評価報告書における原子力発電の位置づけ
・原発推進ロジックの問題点:プロパガンダ映画『パンドラの約束』を見て
・温暖化懐疑論と脱原発との残念な関係

3.温暖化を防ぐためにこそ、原発はやめるべき
平田仁子氏(気候ネットワーク)
・「原発停止が気候変動目標を難しくする」は本当か?
・「原発停止により、石炭火力発電の新設が必要」は本当か?

4.メディアの立場から
石井徹氏(朝日新聞編集委員)

【資料代】500円
※申込受付なし、直接会場へお越しください。

【主催・問合せ】eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
Tel: 03-6907-7217(FoE Japan内)、info@e-shift.org

【エネルギー基本計画】事故がなかったかのような閣議決定に声続々

福島第一原発事故をふまえたエネルギー政策見直し。
まるで原発事故がなかったかのように原発維持推進を打ち出した閣議決定に、批判の声が相次いでいます。
※経済産業省 2014年4月11日 「新しいエネルギー基本計画が閣議決定されました 」
http://www.meti.go.jp/press/2014/04/20140411001/20140411001.html

eシフト参加団体等の声明・プレスリリースをまとめました。 続きを読む

「脱原発・自然エネルギー推進自治体Map」を公開!

▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△

「脱原発・自然エネルギー推進自治体Map」を公開!
http://e-shift.org/?page_id=2884
▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△▼▽▲△

2011年3月に、東京電力福島第一原子力発電所で事故が起こって以来、日本の各地で、原発から脱却した社会を目指して、さまざまな動きが起こっています。

国のエネルギー政策の方向性は、一度、国民的議論を経て「脱原発」を目指しながらも、政権交代により、残念ながら「原子力は重要なベース電源」であるとの「原発容認・再稼働」へと傾きつつありますが、地域自治体の中では「脱原発」を目指し、緩やかながらも連携を行ったり、自治体内で脱原発の宣言や自然エネルギーの推進に向けた決議など、独自に模索を始める動きが起こってきています。
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)市民アクションチームでは、これらの地域の動きに着目し、それらを応援する目的から、このほど「脱原発・自然エネルギー推進 自治体Map」を作成、公開しました。

http://e-shift.org/?page_id=2884 続きを読む

【都知事選】候補者に原発・エネルギー政策を聞きました

今回の都知事選挙では、脱原発についての姿勢が大きな争点のひとつとなっています。

東京都は東京電力の大株主であり、東京都のために発電していた福島第一原発事故を起こしました。東京都には、一定の事故の責任、損害賠償、事故収束などの責任があると考えます。

また、東京都は大株主として、東京電力株主総会などで経営に対する意見を述べたり、役員の派遣など、東京電力やエネルギー政策への積極的な関与が可能だと考えます。

eシフトは1月20日時点にて、立候補予定者の4氏あてに、原発・エネルギー政策について聞くアンケートを送付し、回答をいただきました。各氏のウェブサイトとあわせ、参考にしていただければ幸いです。

送付対象者(回答順):

●宇都宮健児氏:回答あり(下記)
http://utsunomiyakenji.com/

●細川護煕氏:回答あり(下記)
http://tokyo-tonosama.com/

●舛添要一氏:多忙のため回答が難しいとのFAXあり
http://www.masuzoe.gr.jp/

●田母神俊雄氏:回答なし
http://www.tamogami-toshio.jp/ 続きを読む

【ちらしができました】 東京はすでに原発ゼロ!

 

東京では、2012年3月末からすでに原発ゼロ。 2回の夏、2回の冬を乗り切っています。 全国でも、去年の秋から原発ゼロです。 2月9日(日)に予定されている東京都知事選挙では、脱原発が大きな争点となり、原発のコスト、事故のリスク、放射性廃棄物の最終処分問題などが改めてクローズアップされています。 eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)は、静岡県湖西市長・三上元氏が作成したちらし「どう計算しても原発は高い」を、カラー増刷しました。

<シェア・拡散大歓迎!!> mikami_v3

eシフトは、NPOなども参加するネットワークのため、特定候補の応援をするものではありませんが、この機会に最大限、原発の本当の姿、コストについて伝えることができればと考えています。

★このちらしの活用、大歓迎! イベントでの配布、ご家族や友人・知人への配布に、あなたの力が必要です。 ご希望枚数、送付先を、こちらのフォームよりご連絡ください。 https://pro.form-mailer.jp/fms/d90b0fa353331 ※ただし、東京都内での「印刷したちらし」の不特定多数に対する配布やポスティングは、公職選挙法に定める「政治活動」とみなされるおそれがあります。グループ内での配布や友人知人・家族に渡すことはOKです。 また、メールで本ブログのURLの拡散やツイッターでの画像のシェアは問題ありません。 直接受け取りにこられる場合は、事前にお電話ください。 国際環境NGO FoE Japan(eシフト事務局)〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-22-203(池袋幼稚園建物の2階)tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219 ★印刷・発送等費用のカンパ大募集!また、ちらしの印刷・配布にかかる費用のカンパを募集しています。(目安は1枚あたり5円~) 郵便振替口:00130-2-68026    口座名:FoE Japan(eシフト事務局) ※備考欄に、「脱原発東京ちらし」とご記入ください。急な制作のため、ご支援をいただけますと大変助かります。 今こそ、多くの人に広く訴えていきましょう!

[Action] WE ALL SHARE OCEANS!

日本語は下にあります。(Japanese below)

* Please Share and Take Action *
===================================
WE ALL SHARE OCEANS!
Please help stop the radioactive contamination of the Pacific

http://e-shift.org/?p=2752

===================================

Hello, this is an urgent message from Japan.
It was revealed that, as the result of the nuclear disaster at the
Fukushima Daiichi Plant, 300 tons of radioactive waste water containing
highly toxic substance such as cesium, strontium, tritium has been leaking
in the sea every day.

It is of absolute necessity to prevent the discharge of this contaminated water.
The Japanese government says it will assign a prevention budget but it’s not until the next fiscal year. Plus the plan fails to stop groundwater from flowing
into the power plant buildings and lacks fundamental preventative
measures. If the present situation lingers, the contamination will
continue to spread. Experts from nations throughout the world are needed
to solve this problem.

Please, before the world’s beautiful oceans become contaminated,
please share this issue with people all over the world through Twitter,
Facebook, and other means.

Finally, please appeal to the Japanese government to stop this radioactive
contamination.
Send message here to the Japanese Government:
https://www.kantei.go.jp/foreign/forms/comment_ssl.html

Stop the contamination from Fukushima nuclear power plant!
Protect our oceans!

Japanese citizens and citizen’s groups
e-shift network

*For Twitter:
Share&Action “WE ALL SHARE OCEANS! Please help stop the radioactive contamination of the Pacific” http://e-shift.org/?p=2752

*Related News Articles:
CNN
http://edition.cnn.com/2013/08/06/world/asia/japan-fukushima/index.html?iref=allsearch
New York Times
http://www.nytimes.com/2013/08/07/world/asia/leaks-into-pacific-persist-at-japan-nuclear-plant.html?pagewanted=all&_r=1&
Reuter
http://www.reuters.com/article/2013/08/08/us-japan-fukushima-pm-idUSBRE97601K20130808
BBC
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-23602362
Le Monde
http://www.lemonde.fr/planete/article/2013/08/07/fukushima-300-tonnes-d-eau-radioactive-chaque-jour-dans-l-ocean_3458485_3244.html?xtmc=fukushima&xtcr=2
National Geographics
http://news.nationalgeographic.com/news/energy/2013/08/130807-fukushima-radioactive-water-leak/

 

==================
海はつながっています。
放射能汚染を止めるためにご協力ください

http://e-shift.org/?p=2752

==================

こんにちは。日本から緊急のメッセージです。
福島第一原子力発電所の事故で、毎日300トンもの放射能汚染水が海に流れて
いることが明らかになりました。

セシウムばかりでなく、ストロンチウム、トリチウムなどの猛毒が混じった汚
染水で、とにかく一刻も早く汚染水流出を止めなければなりません。

日本の政府は、対策の予算をつけるとしたものの、地下水脈を通って原発の建
屋に流れ込む水を止める措置をとろうとしておらず、抜本的な対策もとられな
いまま対処が遅れているのです。
このままでは汚染が拡大するばかりです。世界中の研究者の英知を集めて止め
る必要があると考えています。

どうぞ、このことを世界中の海に汚染が拡大する前に、どうぞこの問題をツイ
ッターやFACEBOOKを通じて、広く様々な人に伝えてください。

そして、日本の海の放射能汚染を止めるために日本の政府にも訴えてください。
こちらからメッセージを送ることができます。
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

福島原発からの汚染水を止めよう、海を守ろう!

日本の市民・市民団体
eシフト

*関連情報
【速報&御礼】汚染水問題に関する緊急集会と政府交渉&48時間緊急署名~再稼働よりも汚染水対策でしょ!
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/48-2a08.html

参議院選挙に向けての声明

=======================================================

参議院選挙に向けての声明

2013年7月17日
eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会
=======================================================

私たちeシフトは、これまで脱原発と再生可能エネルギー促進を求めてたび
たび政府交渉を行い、国会議員へのロビー活動を行ってきました。
それにもかかわらず、昨年暮れの衆議院選挙で現在の与党が(総得票数が以
前の総選挙に及ばなかったにもかかわらず)「大勝」して以来、昨年夏のパブ
リックコメント「エネルギー・環境に関する選択肢(2030年の原発稼働率)」
で大多数の国民が示した「0%回答」がまるでなかったもののように、国の政
策が原発再稼働へと突き進んでいます。 続きを読む

【原発ゼロノミクス】 原発の不経済とシステム転換の希望



 3月27日、原発ゼロノミクスキャンペーンhttp://zeronomics.wordpress.com/は、
金子勝氏と飯田哲也氏を迎え、キックオフシンポジウムを開催しました。

———————————–
【原発ゼロノミクスキャンペーン】は、

1)2012年夏のエネルギー・環境政策に関する「国民的議論」で示された、
 「原発ゼロ」を願う国民の声を、改めて可視化し、安倍政権に示す 
 6月までに10万人の賛同を!
2)さらに、新たに若い人も巻き込んでいくため、原発の不経済性や原発依存
 の体制を抜本的に見直し、地域分散型のエネルギーシステムに移行すること
 のメリットをわかりやすく提示する
ことを目指してスタートしました。
続きを読む