1/20 これからの電力市場について考える ~容量市場とは何か?そしてその課題は?~

電力システム改革が段階的に行われている中において、電力市場についても新たな制度がつくられようとしています。その一つが「容量市場」です。容量市場とは、発電設備の固定費の一部を小売電気事業者から徴収するしくみで、将来にわたって供給力を安定的に確保するために必要だとされ、2020年から導入されることが決まっています。しかし、原発や石炭などの発電設備の固定費を、卸電力市場とは別のしくみで小売電気事業者から負担することについては、再エネシフトへの動きにブレーキをかけることにもなりかねないことは当初から指摘されていました。
容量市場については、電力広域的運営推進機関(OCCTO)容量市場の在り方等に関する検討会で詳細の制度設計の議論が1年間かけて行われてきており、今その絵姿が見えてきましたが、非常に問題が多いことがわかってきました。今、容量市場の問題と課題について市民も学び、制度のあり方を考えていきたいと思います。ぜひご参加ください。

資料、動画はこちら https://www.kikonet.org/event/2019-1-21/

【日 時】2019年1月21日(月)16:30~18:30
【会 場】参議院議員会館B107

【内 容】
講演1「容量市場の問題点」
…松久保 肇さん(原子力資料情報室事務局長)  資料
講演2「電力市場に関する最新情報(仮称)」
…安田 陽さん(京都大学教授)

【申込み】不要
【主 催】eシフト:脱原発・新しいエネルギーを考える会
【問合せ】気候ネットワーク東京事務所
TEL: 03-3263-9210 Email:tokyo@kikonet.org

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 1/20 これからの電力市場について考える ~容量市場とは何か?そしてその課題は?~
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。