【8/2、8/3】 市民500人で国会へ行こう!原子力規制委員会人事にNo!

参加されたみなさんお疲れ様でした!6,7日、参議院もやります。
http://e-shift.org/?p=2220

問題だらけの原子力規制委員会人事案。このままでは、「原子力ムラ」そのままです。
(詳細は末尾)

8月1日、田中氏の所信表明を終え、来週にも衆議院、参議院の本会議にかかるといわれています。

採決に参加するのは国会議員です。一人でも多くの国会議員にこの問題を知らせ、反対の声をあげてもらうために、市民500人で国会に行こう!というアクションを呼びかけます。ぜひあなたも、議員会館に来てください。もちろん、自宅からの電話かけや、地元の事務所訪問も効果的です。あなたのアクションを、どうかよろしくお願いします。
2日間で、500人の市民が動いている姿を現しましょう。

—————————————————————————————–
【8/2、8/3】 市民500人で国会へ行こう!原子力規制委員会人事にNo!
—————————————————————————————–

◆日時
8月2日(木) 13:30 衆議院第一議員会館ロビー集合
8月3日(金) ①10:00 衆議院第一議員会館ロビー集合
②14:00 衆議院第一議員会館ロビー集合

◆内容
「議員声明への参加呼びかけ」

http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-2a48.html

と「弁護士による声明」

http://e-shift.org/?p=2205

とを持って、手分けして各部屋を1つずつまわり、「この人事は問題!」「反対署名に参加を」と呼びかける。

◆呼びかけ: eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)、原発ゼロパブコメの会
◆連絡先: FoE Japan 吉田 (080-5173-0136)
みんなで決めよう!「原発」都民投票/国民投票 丸子(090-6543-9900)

◆みなさんのアクションの結果を教えてください!
電話かけでの反応や地元事務所訪問の様子について教えてください。
info@e-shift.org

<原子力規制委員会人事問題とは?>

新たに作られる規制組織「原子力規制委員会」の5人(田中俊一氏、更田豊志氏、大島賢三氏、中村佳代子氏、島崎邦彦氏)の人事案が国会にかけられています。しかし、このうちの3人は、明らかに「原子力ムラ」の人間であり、現在までの原子力推進政策の責任を問われるべき立場です。このような人選は「原子力ムラとの決別」「利用と規制の分離」「原子力安全規制に対する国民の信頼を得る」とした原子力規制委員会の法律の趣旨を踏みにじるものです。

とりわけ田中俊一氏は、日本原子力研究開発機構副理事長、原子力委員長代理、原子力学会会長を歴任し、長年にわたって「原子力ムラ」の中心で活動してきた人物です。事故後も原子力損害賠償紛争審査会では、最後まで自主的避難者への賠償に反対したことが批判されています。
この問題人事は、8/6の週にも国会(衆議院・参議院)で採決にかけられます。

この案を通してしまったら、日本の原子力政策は311前とまったく変わらないことと なってしまうでしょう。

★Q&A 何が問題?原子力規制委員会人事
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/qa-ef6d.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【8/2、8/3】 市民500人で国会へ行こう!原子力規制委員会人事にNo!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. 現在までの原子力推進政策の責任を問われるべき立場です。このような人選は「原子力ムラとの決別」「利用と規制の分離」「原子力安全規制に対する国民の信頼を得る」とした原子力規制委員会の法律の趣旨を踏みにじるものです。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。