【4.19】市民集会:原発をぜったい再稼働させてはいけない理由

【4.19】eシフト市民集会:原発をぜったい再稼働させてはいけない理由 資料掲載!!

-「暫定安全基準」は大事故を繰り返さないための議論ではない。
-「電力不足」にはさまざまなカラクリが!
———————————————————————–

【スピーカー】
・川井康郎/プラント技術者の会
・松原弘直/環境エネルギー政策研究所(ISEP)
・石地優/プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会 (電話にて)

●資料
川井康郎氏資料 「大飯3,4号機の再稼働に異議あり!」
>ISEPブリーフィングペーパー「原発を再稼働しなくても今夏の電力は足りる(関西電力版)」

http://www.isep.or.jp/library/2761

【日時】 4月19日(木)18:30~21:00
【場所】 東京しごとセンター 地下2階講堂
(最寄:飯田橋駅、水道橋駅、九段下駅)
http://www.tokyoshigoto.jp/shisetsu.php?page_id=150

【参加費】 1000円(ブックレット付き)

【コンセプト】
福島原発事故の原因究明も終わらず、「大事故を繰り返さない」ことを前提
としない「安全基準の確認」によって、定期点検で停止中の原発が
再稼働されようとしています。
いま、原発を絶対に再稼働させてはいけない理由を、ゲストスピーカーとともに
確認し、ひとりひとりができるアクションを呼びかけます。
知らなければ、原発は止められません。

【主催】 eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
【後援】 国際環境NGO FoE Japan、環境エネルギー政策研究所、
プラント技術者の会、再稼働反対!全国アクション、

【協力】 合同出版【問合せ】 eシフト事務局/tel.03-6907-7217
e-mail:info@e-shift.org

※eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)とは

2011年3月11日の福島第一原発事故を契機に、脱原発と自然エネルギーを中心とした持続可能なエネルギー政策を実現させることを目的にした、全国の数十の市民団体と個人のネットワーク組織です。
1 「事故被害の最小化」と「責任所在の明確化」
2 「脱原発と持続可能なエネルギー政策に向けた政策提言づくり」と「その実現」
3 「市民への有益な情報発信」と「社会的ムーブメントの巻き起こし」の3つの分野で活動を展開しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【4.19】市民集会:原発をぜったい再稼働させてはいけない理由
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

  1. コメントはまだありません。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。