カテゴリー : イベント

【5/8】 原発ゼロ社会への行程(脱原子力政策大綱より)

—————————————————————————-
【5/8】 原発ゼロ社会への行程(脱原子力政策大綱より)
~行財政の仕組みをつくりかえる~

http://e-shift.org/?p=2999

—————————————————————————

>ちらしはこちら 140508_flyer

>大島堅一さん資料 140508_Oshima
>松原弘直さん資料  140508_Matsubara

>動画(UPLAN) https://www.youtube.com/watch?v=Za5LxBWx00o&list=UUhjEbWVGnGHhghoHLfaQOtA

2014年4月11日(金)、原発回帰を明記した新しいエネルギー基本計画が
閣議決定されました。
奇しくもその翌日に発表されたのが、「脱原子力政策大綱」です。
2013年4月から様々な分野の市民や専門家が集い議論を重ねてきました。

本セミナーではその中で、「原発ゼロ社会への行程(第5章)」を中心に扱い、
行財政の仕組みをどのように作り変えていくべきか、議論します。

▼脱原子力政策大綱
http://www.ccnejapan.com/?page_id=3000

【日時】 2014年5月8日(木)  12:30~14:30
【会場】 衆議院第二議員会館 多目的会議室

【資料代】 1000円
『原発ゼロ社会への道――市民がつくる脱原子力政策大綱』をお持ちの方は無料)

【プログラム】
1.eシフト、原子力市民委員会の取組み紹介
「脱原子力政策大綱」とは

2.大島堅一(立命館大学国際関係学部教授)
原発ゼロ社会への行程の基本的アウトライン

3.松原弘直(環境エネルギー政策研究所)
現状の体制の課題:
新エネルギー基本計画、原子力損害賠償支援機構法の改正、
再生可能エネルギー導入や再稼動に関する判断体制など

4.質疑応答

【主催】 原子力市民委員会・eシフト
【問合先】 eシフト事務局(FoE Japan内)
T: 03-6907-7217 F: 03-6907-7219  http://e-shift.org

【2/21】 原発回帰でいいの?!エネルギー基本計画に各界から異論

——————————————-
【2/21】 原発回帰でいいの?!エネルギー基本計画に各界から異論
http://e-shift.org/?p=2923
——————————————-
必見!映像はこちら UPLAN
秋本真利議員による、自民党エネルギー政策議員連盟の提言の紹介コメントについて、概要を追加!
末尾に、各団体等からの意見リスト(当日資料)を掲載しました。

原発回帰の方向を示す新たなエネルギー基本計画が、来月にも閣議決定されよ

うとしています。
年末に示された原案の方向性は、福島原発事故を受けた見直しであるにもかか
わらず、原発回帰を明記したものです。2012年の「国民的議論」を無視してい
ることに加え、新たに意見聴取するプロセスも非常に限られています。1月6日
まで募集されたパブコメには、1万9000件を超える意見が集まっていますが、
その取りまとめ・公表についてはいまだ「精査中であり未確定」とされていま
す。

政府与党内を含む各方面からも異論が噴出する中で、このまま決定されてよい
のでしょうか。本イベントでは、このエネルギー基本計画策定プロセス・内容
について各界からの見解を整理し、政府に対して改めて、民意の反映と方針転
換を求めます。 続きを読む

【ちらしができました】 東京はすでに原発ゼロ!

 

東京では、2012年3月末からすでに原発ゼロ。 2回の夏、2回の冬を乗り切っています。 全国でも、去年の秋から原発ゼロです。 2月9日(日)に予定されている東京都知事選挙では、脱原発が大きな争点となり、原発のコスト、事故のリスク、放射性廃棄物の最終処分問題などが改めてクローズアップされています。 eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)は、静岡県湖西市長・三上元氏が作成したちらし「どう計算しても原発は高い」を、カラー増刷しました。

<シェア・拡散大歓迎!!> mikami_v3

eシフトは、NPOなども参加するネットワークのため、特定候補の応援をするものではありませんが、この機会に最大限、原発の本当の姿、コストについて伝えることができればと考えています。

★このちらしの活用、大歓迎! イベントでの配布、ご家族や友人・知人への配布に、あなたの力が必要です。 ご希望枚数、送付先を、こちらのフォームよりご連絡ください。 https://pro.form-mailer.jp/fms/d90b0fa353331 ※ただし、東京都内での「印刷したちらし」の不特定多数に対する配布やポスティングは、公職選挙法に定める「政治活動」とみなされるおそれがあります。グループ内での配布や友人知人・家族に渡すことはOKです。 また、メールで本ブログのURLの拡散やツイッターでの画像のシェアは問題ありません。 直接受け取りにこられる場合は、事前にお電話ください。 国際環境NGO FoE Japan(eシフト事務局)〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-22-203(池袋幼稚園建物の2階)tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219 ★印刷・発送等費用のカンパ大募集!また、ちらしの印刷・配布にかかる費用のカンパを募集しています。(目安は1枚あたり5円~) 郵便振替口:00130-2-68026    口座名:FoE Japan(eシフト事務局) ※備考欄に、「脱原発東京ちらし」とご記入ください。急な制作のため、ご支援をいただけますと大変助かります。 今こそ、多くの人に広く訴えていきましょう!

【12/18】 エネルギー基本計画見直しの不当プロセスと内容を問う

—————————————————————–
【12/18】 合同記者会見
エネルギー基本計画見直しの不当プロセスと内容を問う

http://e-shift.org/?p=2866

—————————————————————–
●エネルギー基本計画の策定プロセスはあまりに不当
安倍政権は、2012年12月の発足後、前政権時に閣議決定された原発ゼロを目
指すという方針をゼロベースで見直すと表明し、2013年3月から、新しい枠組
みでの議論を進めてきました。
経済産業省・総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会は、原発維持・推進
の声が圧倒的に強いという委員構成のもとで議論が進みました。第12回会合
(12月6日)で提示された事務局素案「エネルギー基本計画への意見(案)」
が審議される前にそのままパブコメが開始され、その後、第13回会合(12月13
日)まででたった2回の審議だけで基本政策分科会としての素案の取りまとめ
が行われました。このエネルギー基本計画の策定プロセスは、あまりに不当で
す。
●民意反映のプロセスが欠如し、原発ゼロを放棄
この策定プロセスは「国民的議論」の結果をまったく無視していることに加
え、現在のプロセスでの民意の聴取機会は来年1月6日までのパブリックコメン
トに限定されており、1月に閣議決定を予定しているそのスケジュールからも
民意の反映のプロセスが欠如しています。少なくとも、福島を含む各地での意
見聴取会の開催や、討論的世論調査の実施などのプロセスなくして、この素案
をベースに「エネルギー基本計画」が決められてしまうのであれば、福島原発
事故を踏まえたエネルギー政策見直しとしてあまりに不当です。その内容につ
いても特に原子力政策や核燃料サイクル政策について多くの問題点を、原子力
市民委員会でのこれまでの検討結果や中間報告を踏まえて指摘することができ
ます。
本記者会見では、原子力市民委員会からこのプロセスおよび内容について提言
(声明)を発表、eシフトから市民への行動提起を行います。
【日 時】 2013年12月18 日(水) 12:00 ~ 13:00
【会 場】 衆議院第一議員会館 第4会議室
【出席者】(敬称略、50音順)
佐藤 和雄(脱原発を目指す首長会議、元小金井市長)
竹村 英明(エナジーグリーン株式会社、eシフト)
筒井 哲郎(プラント技術者の会)
舩橋 晴俊(原子力市民委員会座長、法政大学社会学部教授)
伴   英幸(原子力資料情報室共同代表)
松原 弘直(認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所理事)
満田 夏花(国際環境NGO FoE Japan理事)
吉田 明子(国際環境NGO FoE Japan、eシフト事務局)
【主催】 原子力市民委員会 http://www.ccnejapan.com/
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) http://e-shift.org

【問合先】 eシフト事務局(FoE Japan内)
T: 03-6907-7217 F: 03-6907-7219

【11/13】 エネルギー基本計画見直し―いま問われる民意の反映

——————————————————————–
◆ 11/13 シンポジウム ◆
エネルギー基本計画見直し―いま問われる民意の反映
http://e-shift.org/?p=2830
☆資料をアップしました
——————————————————————–
チラシはこちら 131113_flyer 続きを読む

【11/16】 シンポジウム:どう計算しても原発は高い~地域から始める原発ゼロノミクス

11/16 eシフトシンポジウム
どう計算しても原発は高い~地域から始める原発ゼロノミクス
—————————————————————————————-
>ちらしはこちら 131116_flyer2
>登壇者・発表団体プロフィール(当日資料) 131116_profile
三上元氏資料「どう計算しても原発は高い」
>当日の動画
第1部 https://www.youtube.com/watch?v=CPpCN-Dnpic
第2部 https://www.youtube.com/watch?v=DnJ20yJ86Ic

原発を止めると経済に負担が、といわれますが、本当にそうでしょうか?

バックエンドコスト、使用済み核燃料の10万年の保管料や、事故炉の廃炉コスト、
事故賠償保険料などを考慮すれば、原発のコストは100円以上にもなりうる。
元経営コンサルタントで湖西市長の三上元氏は、それを試算して可視化しました。
また経営者の視点から、原発、そして原発のない社会をどう考えるか、
城南信用金庫理事長の吉原毅氏が語ります。

「原発ゼロノミクス」は、原発を維持するための経済システムからの脱却をめざす
新しい動きです。
国の政策が原発推進に戻ろうとするなか、すでに各地で、市民や地域の企業、自治体
などが主体となって、多数のプロジェクトが始まっています。

大規模集中から、小規模分散の地域のエネルギーへ。
世界で急速に進もうとしているパラダイム転換を、地域の視点から考えます。 続きを読む

10/22 「原発ゼロ社会への道──新しい公論形成のための中間報告」意見交換会(東京)

**********************************
   「原発ゼロ社会への道──新しい公論形成のための中間報告」
┏┓    原子力市民委員会 10.22 意見交換会(東京)
┗□─────────────────────────────□  

 原子力市民委員会(CCNE)では、2014年春に作成を目指している「脱原子
力政策大綱」の準備資料として「原発ゼロ社会への道――新しい公論形成の
ための中間報告」を10月7日に発表いたしました。

 原子力市民委員会では、「脱原子力政策大綱」をまとめていくにあたって、
この中間報告を「たたき台」として、各地で幅広い人々との意見交換会を行
っていきたいと考えております。つきましては、10月22日(火)に上智大学に
て意見交換会を開催いたします。
ぜひみなさまにご参加いただければ幸いです。

※中間報告、要約版はこちらからご覧いただけます。
 当日ご参加の方には、冊子をお配りします。
http://www.ccnejapan.com/?page_id=1661

 ■日 時:2013年10月22日(火)
      17:30 ~ 19:45 (17:15開場)

 ■場 所:上智大学 四谷キャンパス 中央図書館8階 L-821 続きを読む

【10/27】 原発ゼロノミクス in京都 「再生可能エネルギー普及への道を切りひらこう!」

————————————————————————————————————-
原発ゼロノミクス・シンポジウム in 京都 「再生可能エネルギー普及への道を切りひらこう!
————————————————————————————————————-

再生可能エネルギーの固定価格買取制度から1年がたち、少しずつ再生可能エネルギーの導入が各地で普及しはじめています。この間の再エネ普及状況やコストの実態など、国、研究者の立場の方たちからご報告いただくとともに、今後の大幅な再エネ普及に向け、何が必要なのか、電力システム改革に関する現状もふまえながら、討論したいと思います。関西初の原発ゼロノミクスキャンペーン・シンポジウムです!ぜひお気軽にご参加ください。

日時: 10月27日(日)13:00~15:30
場所: 同志社大学新町キャンパス…
http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/shinmachi.html

続きを読む

9/10 原発ゼロノミクス「改めて考える原発のコスト」金子勝さん講演会

9/10 原発ゼロノミクス「改めて考える原発のコスト」金子勝さん講演会
http://e-shift.org/?p=2769 ★資料をアップしました★
—————————————————————————————–

>ちらし(PDF)はこちら 130910

>当日の映像(UPLAN)https://www.youtube.com/watch?v=RE_8-QAeU-8
>金子勝氏資料(「原発は火力より高い」より) 130910_kaneko
>金子勝氏ツイッター https://twitter.com/masaru_kaneko
>明日香寿川氏資料 130910_asuka

参考書籍
・岩波ブックレット「原発は火力より高い」金子勝
・eシフトブックレットVol.4「原発ゼロノミクス~脱原発社会のグランドデザイン」
http://e-shift.org/?p=2722

9月15日、大飯原発の定期点検入りにともない、日本でふたたび、原発稼働

がゼロとなります。

原発を止めていると、その分火力発電の燃料費がかかるから、再稼働したほうが
経済的、という論が聞かれますが、本当にそうでしょうか。

新規制基準(これも不十分)に適合させるための追加費用は莫大です。

「原発は火力より高い」。再稼働コスト、燃料費、不良債権など、原発に関するコストを、

金子勝さんの新著とともに改めて考えます。

※超党派の国会議員でつくる「原発ゼロの会」は、国内の原発計50基を直ちに廃炉にした場合、
会計上生じる特別損失は計4兆5千億円、廃炉にせず再稼働に必要な安全対策などにかかる費
用は計2兆7千億円で、電力会社の負担の差額は計1兆8千億円になるとの試算を公表していま
す(2013年5月30日)。

【日時】 9月10日(火)18:30~20:30

【会場】 日比谷コンベンションホール(大ホール) 日比谷図書文化館 B1
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

※8/22 場所が変更となりました。以前の案内をご覧になった方はご注意ください。

【内容】
・原発ゼロノミクス趣旨説明

・講演 金子勝氏 (慶應義塾大学経済学部教授)

・会場質疑

・「原発ゼロノミスト」呼びかけ 明日香寿川氏 (東北大学 東北アジア研究センター 教授)

【資料代】 1000円 (eシフトブックレットVol.4 つき)
ブックレットをお持ちのかたは 500円

【主催】 eシフト、原発ゼロノミクス・キャンペーン、緑茶会

【連絡先】 eシフト事務局 (FoE Japan内)
※申込不要です。直接会場にお越しください。

03-6907-7217   info@e-shift.org

【記者会見】 緑のソーシャルキャラクター「ゼロノミクマ」の全国キャラバン

<記者会見のお知らせ>
原発ゼロノミクス・キャンペーン http://zeronomics.wordpress.com

★——————————————————————-ʕ^(エ)^ʔ/★
緑のソーシャルキャラクター
「ゼロノミクマ」の全国キャラバン
ゆるキャラ2.0! 市民が育てるゆるキャラが原発ゼロの動きをつなぐ
★—————————————————————————★

>PDFはこちら 130619_PR_zeronomikuma

【日時】 2013年6月19日(水)12:45~13:45
【場所】 衆議院第一議員会館 第4会議室

「ゼロノミクマ」は、日本で初めてのソーシャルキャラクターです。2013年2 月のデビュ
ーからたった4ヶ月しか経っていませんが、イベントや街頭、脱原発デモなどで大人気で
す。 続きを読む