【アクション】 原発いらない★議員に年賀状★大作戦

—-—-—————————————————–
eシフト:原発いらない★議員に年賀状★大作戦
—-—-—————————————————–

2011年、私たちは大震災と津波、そして未曾有の原子力発電所事故を経験しました。
深刻な放射能被害と市民・社会への影響は、今も続いています。

にもかかわらず、日本政府は放射能汚染に対して高い基準を設定し、
原発事故の被害を小さく見積もり、東京電力に資金援助をして温存し、
福島事故の原因究明が終わらないなか、原発の運転再開や原発輸出さえ議論しています。

福島原発事故の当事国である日本こそが、脱原発を明確に打ち出し、
省エネルギーと再生可能エネルギーを中心とした新しいエネルギー政策への転換を、 世界に訴えていく役割を担っているのではないでしょうか?

そのために、国民の代表である国会議員に、あなたの「原発いらない」「新しいエネルギー政策を」の声を直接届けることが重要です。

特に年末年始の今、地元に帰っている国会議員にあてて、有権者のあなたから、一筆そえた年賀状を送りませんか?

・放射性管理区域(年5.2ミリシーベルト)の4倍もの避難区域基準は高すぎます。
・渡利・大波・小倉寺など高い放射線量が続く地域では、除染の効果がでるまで、子どもたち・妊婦を避難させる政策が必要です。
・福島事故の原因究明も終わっておらず、運転再開の前提は崩れています
・福島事故の原因究明も終わらないなか、原発輸出を議論できる状況ではありません。
・エネルギー政策見直し、福島事故を二度と繰り返さないことを議論の前提に。脱原発を明確に打ち出してください。
・脱原発、そして省エネルギーと再生可能エネルギーへのシフトを明確に打ち出し、世界のエネルギーシフトをリードしてください。
・再生可能エネルギーの買取価格、反対していた人が決めてよいのでしょうか?
ぜひ再生可能エネルギーに前向きで、中立的な立場の方を委員に選んでください。

・・・など、あなたの声を一言、年賀状に書き添えて、地元選出の議員に送りましょう!
年始挨拶に地元の事務所を訪問して、直接渡すのも効果的です。

◆eシフトでも、議員ロビー用の年賀状図案をつくりました。
こちらからダウンロードして活用ください。あなたの年賀状の残りでもかまいません。

羽子板門松(1)門松(2)
ハーン&マイトナーフェルミお年玉

このほかにも、あなたのアイディアでつくった図案があれば、ぜひお送りください!

⇒宛先: eシフト事務局  info@e-shift.org

◆国会議員一覧はこちら
http://db.kosonippon.org/search/search_result.php?firstname=&lastname=
こちらから地元選出の議員、事務所住所を調べられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【アクション】 原発いらない★議員に年賀状★大作戦
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

    • tokumei
    • 2012年 1月 14日 6:43pm

    神道教育が起源の、創価学会から、はじまった公明党には、票を入れられません
    。なぜなら、日本は、国教国家ではなく、世俗国家
    なのです。これは、ほぼ違憲であり、戦後の、反省の立場から、公明党が政権を
    とることを想定すると、神道国家に回帰するため、
    アジアや旧連合諸国にたいする国際的なプレゼンスや国際関係を著しく悪化する
    ものと思われます。また、別の観点から、創価大学を持っているといえども、「
    学会」と言う名称も、国際的には、本来の学会の意味でないため、非常に不適切
    な団体です。
    創価学会との無関係を訴える公明党ですが、フジテレビの選挙報道時は、「創価
    学会のみなさん」と不自然なくらい必ず、放送します。
    ブッシュドクトリンに協調した小泉自民・公明は、「テロとの戦い」を表明する
    も「オウム真理教」に破防法を適用できない失敗をし、野党に追いやられました

    つまり、宗教団体は、特に、世俗国家においては、政党を持つべきではありませ
    ん。
    小泉元総理は、公明党と公約を守って、「自民党をぶっこわす」だけでなく、原
    発も
    ぶっこわしたのです。福島の原発は、小泉総理の元で、規制緩和とともに始まっ
    た、政策です。世襲制にも反対しましょう。自民と公明に責任をとらせましょう
    。死んだ土地を買い取らせましょう。

    フジテレビと自民党・公明党のみえすいた癒着もぶっこわしましょう。

    • Hiroyuki Watanabe
    • 2012年 1月 10日 12:28am

    NHKオンデマンド | 追跡!真相ファイル 「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」 http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2011033899SC000/?capid=sns002 ICRPの低線量科学的根拠がないことがわかった。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。