【ご協力ください】緊急声明と要請:子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求

English >>


子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求するため、美浜の会フクロウの会グリーンアクションFoE Japanグリーンピース・ジャパン原子力資料情報室の6団体は、下記のような緊急声明および要請を政府に対して行います。

これまでの経緯は、以下のページをご覧ください。
http://e-shift.org/?p=103

このアクションに連名可能な団体・個人は、要請文の下のフォームからご連絡ください。
一次締め切り:4月30日(土)
署名期限延長のお知らせ

以下は6団体の声明と要請文になります。

================== 声明・要請文 ==================

2011年4月22日

呼びかけ団体:グリーン・アクション、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、福島老朽原発を考える会、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会、国際環境NGO FoE Japan

【緊急声明と要請】
子どもに「年間20ミリシーベルト被爆」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求します!!!

4月19日、文部科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として、年20ミリシーベルトという基準を、福島県教育委員会や関係機関に通知した。この年20ミリシーベルトは、屋外で3.8マイクロシーベルト/時に相当すると政府は示している。3.8マイクロシーベルト/時は、労働基準法で18歳未満の作業を禁止している「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍に相当する線量を子どもに強要する、きわめて非人道的な決定であり、私たちは強くこれに抗議する。

年20ミリシーベルトは、原発労働者が白血病を発症し労災認定を受けている線量に匹敵する。また、ドイツの原発労働者に適用される最大線量に相当する。さらにこの基準は、大人よりはるかに高い子どもの感受性を考慮にいれておらず、また、内部被曝を考慮していない。現在、福島県によって県内の小・中学校等において実施された放射線モニタリングによれば、「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)に相当する学校が75%以上存在する。さらに「個別被ばく管理区域」(2.3マイクロシーベルト/時以上)に
相当する学校が約20%も存在し、きわめて危険な状況にある。

今回、日本政府が示した数値は、この危険な状況を子どもに強要するとともに、子どもの被曝量をおさえようという学校側の自主的な防護措置を妨げることにもなる。文科省は、20ミリシーベルトは、国際放射線防護委員会(ICRP)勧告Pub.109およびICRP3月21日付声明の「非常事態収束後」の基準、参考レベルの1-20ミリシーベルトに基づくとしているが、その上限を採用することとなる。21日現在、日本政府からは、本基準の決定プロセスに関しては、何一つ具体的な情報が開示されていない。また、子どもの感受性や内部被曝が考慮されなかった理由も説明されていない。文科省、原子力安全委員会において、どのような協議が行われたのかは不明であり、極めてあいまいな状況にある(注)。

私たちは、日本政府に対して、下記を要求する。
・子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること
・子どもに対する「20ミリシーベルト」という基準で安全とした専門家の氏名を公表すること

(注)4月21日の政府交渉で、原子力安全委員会は正式な会議を開かずに、子どもに年20ミリシーベルトを適用することを「差支えなし」としたことが明らかになった。また、4月22日、5人の原子力安全委員の意見とりまとめについて議事録は無かったと、福島瑞穂議員事務所に回答している。

(参考)
4月21日付ドイツシュピーゲル誌の20ミリシーベルト設定に関する記事(「文部科学省、子どもたちに対してドイツの原発労働者と同様の被爆限度基準を設定」)より、専門家のコメントエドムント・レンクフェルダー(オットーハーグ放射線研究所)「明らかにがん発症の確率が高まる。基準設定により政府は法的には責任を逃れるが、道徳的には全くそうではない。」

署名する

 


※4/24から4/25にかけて、一時、署名フォームが使用できない問題が発生しておりましたが、現在は解消致しました。上記の[ 署名する ]ボタンよりお進み下さい。大変ご迷惑をおかけ致しました。

※携帯電話からは署名フォームが使用できない場合があります。畏れ入りますが、パソコンからご利用下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ご協力ください】緊急声明と要請:子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

    • 望月秀美
    • 2011年 4月 24日 1:35am

    署名を集めることは大事ですが、ここまで来たら政府を相手に訴訟を起こすという必要もあるのでは無いでしょうか?

    官僚も、政治家も、所詮は自分のことしか考えてないんですね。。。

    • 石塚雄人
    • 2011年 4月 24日 1:25am

    日本国憲法に違反する暴挙。声明に全面的に賛同します。

    • 八田 愛
    • 2011年 4月 24日 1:00am

    【年20ミリシーベルトは、原発労働者が白血病を発症し労働認定を受けている線量に匹敵する。】と、ありますが、【労働認定】を受けている、で正しいのですか?労災認定??
    お教え頂けたら、ありがたいです。

    もちろん、賛同いたします!!

    • 川満昭範
    • 2011年 4月 24日 12:51am

    大人でも100mSvで発がん率の上昇が認められる。細胞分裂の活発な子供は放射線の影響をより敏感に受けやすく、大人の基準より十分厳しくしなければならない。
    にもかかわらず、子供の被曝限度を20mSvにするなどというのは、福島の子供達を低線量被曝の影響調査のためのモルモットにするものであり、到底容認できない。

      • BON
      • 2011年 4月 24日 6:34pm

      過去に累積75mSvの線量で多発性のガンを発症された方がいると、どこかの記事で読んだ事があります。
      人体を用いた臨床実験のしようのない事ですから、政府・学者共に向こう30年なり50年なり100年なり浴びつづけても絶対に安全な数値にするべきだとは思います。
      最低限でも原発との因果関係が成立しない程度の発ガン率に抑えないと、未来の政府はこの代償を払い続けることになるかも知れないのですけどね。

    • 武和 定道
    • 2011年 4月 24日 12:14am

    賛同します^^

    • 武和 定道
    • 2011年 4月 24日 12:13am

    賛同します

    • 李春浩・張琴順
    • 2011年 4月 23日 11:59pm

    賛同いたします。
    子供達は未来の国の宝です。罪のないこども達を放射能から守りましょう。

    • いとう
    • 2011年 4月 23日 11:57pm

    署名したいのですが、証明不一致で拒否されてしまいます。

      • admin
      • 2011年 4月 24日 12:21am

      ありがとうございます。
      携帯電話をご使用の場合、上記のようなエラーの発生の可能性があります。
      畏れ入りますが、お近くのパソコンをお使いいただけますでしょうか。

      eシフト ウェブ管理

    • 真篠 久子
    • 2011年 4月 23日 10:11pm

    子供たちの健康をもっと大事にしてください。

      • 西原信政
      • 2011年 4月 23日 11:19pm

      署名しても、反映されません。
      個人として、にチェックを入れてるのに
      「未回答の質問がある」のメッセージが出てきます。
      どうしても署名したいので、確認して頂けませんか?

        • admin
        • 2011年 4月 23日 11:29pm

        ご連絡ありがとうございます。
        パソコンから署名して頂ける場合ですが、
        署名フォームの下記の場所に再度お名前を入力して試して頂けますでしょうか。

        | 団体の場合は、連絡担当者名 (公開されません) *
        | 個人の方は再度お名前をお書きください
        | [ ]

        お手数をおかけ致しますが、
        よろしくお願いいたします。

        eシフト ウェブ管理

    • 宇野勝治
    • 2011年 4月 23日 9:15pm

    http://www.47news.jp/CN/200504/CN2005042401003588.html

    http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/753.html

    こうした情報の真偽は直接当事国とのパイプを持ち得ない個人の私には、実際に
    確認のしようがありません。ですが、万一事実であるとすれば由々しき事態です。

    政府は、持ちえる外交ルートの全てを動員し、直ちにことの詳細を調査し不安のある
    国民に説明すべきです。間違いであれば、遅滞なく対応を見直すべきです。

    このまま年20ミリシーベルトとの判断及び決定をした方は今後起こりうる事態に
    全責任を負うのは当然だと思います。当然覚悟の上で発表なさったのでしょうから。
    政治家の皆さんにまだ人間らしい心が残っていることを信じたいです。

    • 國分史男
    • 2011年 4月 23日 8:32pm

    言葉にならない・・・国は何を護りたいんだ?

    • あまな
    • 2011年 4月 23日 8:28pm

    Eシフト、主催者の皆様がた、
    すばやく 動いていただき、ありがとうございます!

    いよいよ、日本の環境勢力の総力を結集して、動いていく必要のある局面が来ましたね。

    この件でも、マスコミは騒いでいないようですね。この数値は妥当だという 専門家のコメントが 23日のNHKラジオで 流れていました。

    異議申し立てや、意見表明が 気軽にできる国民は、どうやったら 育つのでしょう。

    「いのち」を守ろう、という声を、政府に対して、国民がもっとあげていけるように、私たちが それぞれの自分の持ち場で、尽力していくことができますように!
    業種業界を越えて、つながりあいながら。

  1. 何故次世代を大切にする事が大事だと思えないのでしょうか?

    • 北岡覚治
    • 2011年 4月 23日 7:28pm

    行政の各所にも原発マネーによる汚染は進んでいるみたいですね、
    国の発表は信用に足らないということがよくわかりました。

    • 新井リサ
    • 2011年 4月 23日 6:46pm

    何を根拠に20mSv/yとしているのか理由がわかりません。
    人体実験としか思えない。
    自分たちの子供ならどうするか、考えて欲しい。

    • 大作ゆき
    • 2011年 4月 23日 6:33pm

    これをママ友達に回して署名をいっぱい集めたいです。携帯じゃ見れないみたいなんですがどうしたら良いでしょー? 

      • admin
      • 2011年 4月 23日 8:50pm

      ぜひ、ぜひ、よろしくお願いいたします。
      携帯用の入り口ページを用意し、このサイト上で告知致しますが、携帯電話からこのサイトが見られない方は以下のアドレスから直接、署名フォームをご使用下さいますようお願いいたします。

      http://bit.ly/gSbCg7

      eシフト ウェブ管理

        • admin
        • 2011年 4月 24日 12:29am

        上記の問題に関しまして訂正がございます。
        署名フォーム自体が携帯電話から利用できないケースを確認しましたので、
        今回、携帯用の入り口ページの準備を見合わせました。

        大変、お手数ですが、パソコンからの署名をお願いいたします。
        内容については、以下のページに転載致しました。

        こちらは、ほとんどの携帯電話からご覧頂けるように準備致しました。
        http://e-shift.org/mob/p16.html

        eシフト Web管理

    • ゆず
    • 2011年 4月 23日 6:27pm

    一児の母としてお願いします。
    子供たちを見殺しにする社会を作らないでください。
    政府の皆さんにはお孫さんはいないのですか?それとも、私たちの税金を使って疎開させたのでしょうか?
    何の案もなく増税議論だけを活発に進める政府のやり方は、怒りを通り越して、呆れ、悲しいです。

    • 池田さちえ
    • 2011年 4月 23日 6:22pm

    mixiチェックのボタンを押しましたが、「 ! データがありません」になります。

      • admin
      • 2011年 4月 23日 8:45pm

      畏れ入ります。「mixiチェック」機能は現在使用不能であったため、いったん外します。
      明日以降に、使用できる状況になったらお知らせ致します。不具合を教えて頂いてありがとうございます。

      -管理者

    • ほし
    • 2011年 4月 23日 5:48pm

    福島の子どもたちを守ってあげてください。何を根拠の20mSv/yなのか、全く理解できません。大人でも大変なのに、細胞分裂の盛んな子どもたちにどんな影響を及ぼすか。学校があるから、出られない子どもたちはたくさんいると思います。どうか、安心して住め、旅行に来られ、食べることができ、笑顔でいられる・・・日本がそんな国になれるよう、よろしくお願いします。

    • Holy Toodel, so glad I clicked on this site first!

    • Wow I must confess you make some very trennhact points.

    • Thanks for cobitrnuting. It’s helped me understand the issues.

  2. 子供を守れない国は、必ず滅びます。

    • 3姉妹ママ
    • 2011年 4月 23日 5:10pm

    賛同します。
    来週から体育も再開してしまうし、休憩時間も遊びたい子供は校庭で遊んでいいと学校に問い合わせたら言われました。

    • mura
    • 2011年 4月 23日 5:09pm

    校庭で転んで傷口に砂が入った子供はどうなるのでしょうか。
    子供は、当たり前のように転びます。
    こんな人体実験は本当に頭がどうかしているとしか思えません。

    説明を求め、4/23(土)文科省に電話をしてみました。
    昼間だったんですが「本日の業務は終了致しました。」と。

    この非常時にきっちり休んでいやがりました。

  3.  何を根拠に20mSv/yとしているのか、理解に苦しみます。文部科学書の恣意ではないかと考えたくなります。この数値でほんとうに大丈夫なのでしょうか?もし結果としでもそうでなかったとき、文部科学省はどういうう責任の取り方をするのでしょうか。あらかじめハッキリさせていただきたいものです。

    • 清水浩一郎
    • 2011年 4月 23日 4:58pm

    子供達を一刻も早く被曝から救ってください。

  4. レベル7と言ってから、開き直っているとしか
    思えない政府の対応です。無責任極まりない。
    ただちに撤回を要求しましょう。

    • If I were a Teenage Mutant Ninja Turtle, now I’d say “Knaobuagw, dude!”

    • やつがれ爺
    • 2011年 4月 23日 3:23pm

    日本政府のやっていることは無茶苦茶です。子供たちを放射能被爆実験のモルモットにしています。福島県民を筆頭に国民全員もモルモット状態ですが、被曝の害を一番蒙るのは子供たちです。ちょうど25年前の4月26日に事故を起こした「チェルノブイリの近くのキエフ含めて20歳から25歳の人口がほとんど0に近いんです。皆死んでしまってる。生きている人もここにチェルノブイリネックレスと言って甲状腺を摘出した手術を若い女性含めて皆持ってます。こうしないんと助からないんです。薬を飲み続けないといけない」(上杉隆 > 英語学習中:20110406その1)。
     しかも、チェルノブイリでは十日で封じ込めたが、福島は四十日たっても垂れ流しのまま、見通しも立たず、日々深刻さが増すばかりです。子供たち(母親・父親)、若者を今すぐにでも西日本・九州・北海道へ疎開させねばなりません。授業はいくらでも取り返せます。命は取り返せません。
     まずはすぐに声を挙げられてから、それから先生、教職員組合、保護者、PTAを巻き込んで、一緒に大きな声を挙げてください。思想は関係ありません。右翼の方も日本民族の将来の担い手の子供たちの命ですから、賛同されるに違いありません。皇室の後継たる愛子様、悠仁様が安全な所へ移られるのを誰も反対できません。どうか幅広く運動の輪を広げてください。
     全国民の声を、自国民をモルモットのまま打ち置き、五年後、十年後の死をまって責任を逃れようとしている政府にぶつけてください。カダフィー政府は自国民を爆撃、銃撃しています。日本政府は放射能被爆の許容限度を上げることによって、一億二千八百万もの自国民を、一滴の血も流さずに死へと導いています。悪辣極まりないホロコーストです。
     小生も、ブログ阿修羅掲示板に、「天と地の違い・菅をはじめ政府首脳は爪の垢でも云々」の題目で投稿し、か細い声を挙げました。いろいろ大変と存じますが、ご尽力のほど、心よりお願い申し上げます。

  5. 文部科学大臣政務官 林久美子参議院議員に公開質問状を出してみました。
    http://blog.livedoor.jp/tokyoianblog/archives/1454017.html

    署名活動が有効に動くように、そして地域の代議士に働きかける運動をしていきましょう。

    • 登崎榮一
    • 2011年 4月 23日 1:42pm

    私には文科省がどうして福島県民の「年20ミリシーベルト」を強要する
    事を正す集会にこういう若造を送り込んできたのか、分からない。一応部署名を言っているが「代表 (representation)」ということであるならば、一任されてきているはずだ。子供相手に議論してもしようがないという戦略でもあるのか、文科省は?自分たちの大事な子供たちの生死に関わることにこんな末端の人間を送られて、黙ってはいられないだろう。暴動が起こらないのが不思議だ。文科省というのはなんと腐ったところなんだ。これは福島県民だけの問題ではない、日本国民全体が怒らなければならないと強く思う。

    • 洗 建
    • 2011年 4月 23日 1:27pm

    文部科学省の会見でも、20mSvを決めた根拠も示すことが出来ない、極めて無責任な基準です。当然直ちに撤回すべきです。

    • 鈴木一枝
    • 2011年 4月 23日 12:44pm

    本当に子どもの健康を考えれば20mSv/yはありえない数値です。

  1. 2011年 4月 24日
  2. 2011年 4月 24日
  3. 2011年 4月 24日
    トラックバック先 :私設原子力情報室
  4. 2011年 4月 24日
    トラックバック先 :オールアワハーツ
  5. 2011年 4月 24日
  6. 2011年 4月 25日
  7. 2011年 4月 26日
  8. 2011年 4月 28日
  9. 2011年 4月 29日
  10. 2011年 4月 29日
  11. 2011年 4月 30日
  12. 2011年 4月 30日
  13. 2011年 5月 1日
  14. 2012年 7月 19日
コメントをご利用頂く際の注意
・以下のフォームへの入力内容は、メールアドレス以外はこのページのコメント欄にそのまま掲示されます。この点にご了解いただける方のみ、ご利用下さい。

・また、eシフトへの参加と各署名への賛同は以下のフォームからは行うことはできません。

・以下のフォームに一度入力されたメールアドレスなどが残っているように見える場合がありますが、これは入力されたパソコンでのみ表示されますので、他の閲覧者から見られることはありません。